あいがも談義

2017-6-18


 1706_kyoubou_01


 共謀罪法案がまた強行に可決されたってよ

  おい、押すんじゃないよ

 これで、政府に文句言うヤツは自由自在にタイーホである!

   誰だ踏んづけてるのは

  未必の故意による黙示的共謀だ!

    頭は暖か、おしりがスースー

   否認すれば拘留100日で、会社もクビだな。国連も驚く人質司法に代用監獄!

     何もみえない、真っ暗だよ

    おいコラ!お前悪いことを考えたな?小林多喜二がどうして死んだか知っているか!

      世は戦前に戻るべくして戻ったのだ

     一からやり直しだよ、出来るものならな

        おならしたな?くさー 


  1706_kyoubou_02


   つづく

    

スポンサーサイト

ジャノメチョウ

2017-6-12

   この頃は、共謀罪法案が気になって仕方ないので落ち着いてブログ記事を書いていられない。森友学園、加計学園の行政の私物化問題をそのままにして、共謀罪を強行採決したら一体どうしてくれようか(怒怒怒!!!)という感じです。本当に。


   。  。  。
 

  先日、安曇野方面の山を散策してきました。

  晴天なのに暑くもないという秋のような爽やかさの中、山道を小一時間ほど歩きます。
  お昼のおにぎりを食べている時、周りを飛んでいたジャノメチョウ(の仲間だと思います)の一匹が、おにぎりを持つ手にとまりました。


  逃げないうちに、と静かに写真を撮る。
   次に、アップで撮る、アングルを変えてみる、光の加減を変えてみる。
    おにぎりを食べてみる。
     。 。 。
      逃げる様子も見せず、一心不乱にストローでぺたぺたやっている。この警戒心のなさはなんだろうw

  
  1706_azmi_01

  1706_azmi_02

  1706_azmi_03


  ひとしきり写真を撮って、手の上で遊んでもらった。その後、山少年の手に移して、お昼ご飯の続きを済ませた。
  人があまり来ないような山奥だとチョウの警戒心が低い、、って事はないと思うのだが。もしかして、私の身体から甘いにおいがしているなんて事はないだろうな。


  ・銀竜草(ギンリョウソウ) 
  1706_azmi_04


  話が変わるが、ここ数年、庭に来るミツバチが少ない。今年はまだ姿を見せない。

  また、よく訪れる山に、毎年クワガタやカナブン、オオムラサキ、スズメバチが集まる木があったのだが、何もいなくなった。ふと周りを見ると、切った赤松を積み上げて、殺虫薬剤をかけてビニールで覆って燻蒸している姿が幾つも見られた。

  これでは足らずに空中散布をやるのだろうか?
  昆虫達は死に絶える。人体には直ちに影響有りません。この言葉は、放射性物質だけにあてはまる事ではない。
 
   沈黙の春に近づいている。

    つづく


徳俵

2017-6-6

   先週末から数日間、松本平は結構寒かった。
   朝の気温は6-7度くらい。身体は30度の暑さに慣れようとしている所だったので、余計に寒く感じるのだ。

  どのくらいかというと、、


  1706_shavy02

  1706_shavy03


  1706_shavy01


  といった景色を思い出すくらいに、、ってのは大袈裟ですね。
  写真は、3月末に遅い雪が降った時のもの。半年後にはまたこの風景に出会えるだろう。

  とはいえ、例のごとくヒルクライムの練習で、夕方に標高1900mくらいまで上ったは良いが、半袖短パンのまま下り始めたら冷える冷える。薄いウインドブレーカでは足りずにレインウエアを着てもまだ寒いくらい。帰り途中でカフェに寄って温まる事が出来て良かった。。 気温の変化が大きい季節、体調管理には気をつけたいこの頃です。


  さて、前置きは自転車の話題ですが、本題は雑談です。

   。  。  。

  アベ首相のオトモダチ(親友)がやっている加計学園の獣医学部新設は、それまで15回も申請却下されていた物が、アベ第二次政権発足後に話が進んで開校にいたるという異常な事態。学園側に37億円の今治市有地が無償譲渡され、事業費のうち半分の96億円は愛媛県と今治市が負担するという優遇ぶりだ。
  この不可思議な事態を説明する文書が報道された。それは文科省が内閣府から言われた事が書かれていて、「官邸の最高レベルが言っている事」「総理のご意向」「出来ないという選択肢はない」 と、文科省が圧力を受けた事を示していた。
  これに対して、スガ官房長官は、怪文書、意味不明、と切り捨てた。その文書に名前が登場する、文部科学省の義家弘介副大臣と、萩生田光一官房副長官も知らぬ存ぜぬとした。

  そして、遂に、文科省前事務次官の前川氏が立ち上がった!この総理のご意向文書は本物で、公平公正であるべき行政のあり方がゆがめられたと証言したのだ!!!

  この報道に先立って、読売新聞は、前川氏が現職時に出会い系バーに頻繁に出入りし、売春の客となっていたと思わせるような記事を報じた。スガ官房長官はこれに対して、教育行政の最高の責任者がそうした店に出入りし小遣いを渡すことは到底考えられないと批判した。

  しかし、これは、政府に物言う人に対して、悪い印象操作を行い、人物破壊をしてその証言を無効にさせようとした企みだったのだ。読売新聞はつまり、アベ独裁政府の手先機関であることを世に示した事になる。
  前川氏の出会い系バー通いは貧困女性の実地調査であるという説明を、証明する証言が出てきているし、子どもの貧困対策に取り組むNPOのボランティアに素性を明かさず参加していたことも話題になっている。知れば知るほど立派な人物と思える。
  
  アベ自民党は、本人は呼ばれれば出ると言っているのに、前川氏の証人喚問に応じない。文科省での調査も行わない。これは説明責任を全く放棄している。アベ首相は、働きかけていたら責任を取ると言った。これだけ疑わしい証拠が出てきているのだから、自ら丁寧に説明をしないというなら益々疑いが深くなるだけだ。

  そして、今日のニュースで、「総理のご意向」文書は存在し、省内で共有していたと複数の文科省職員が認めたという。

  嘘をつき、不正を行う者は責任を取らなければならない。政治の私物化を許してはならない。内閣支持率が信じられないが、
  君君たらずといえども臣臣たらざるべからず などという、封建時代の考えは終わりにしなければならない。

   文科省から平和日本を救う!!! 野党はもっと頑張れ!!!


    と考える今日でございます。

     つづく



アレルゲン

2017-5-28

  最近の週末は、天気にも恵まれて自転車に乗れている。乗ってはいるけれど、ヒルクライムの練習ばかりで、同じコースをメーターの速度と時間を睨みながら走るという形。楽しいというよりは苦しいばかりだが、充実感はある。写真を撮るような気分でもない。そんな訳で、次こそはファットバイクの話を書きたいと思いつつ出来ずにいるこの頃です。

  ヒルクライムレースの目標は毎年同じで、前年よりは速く走りたい、である。これは熱力学の法則に反しているだろうか、、私の身体のエントロピーがどうしようもなく大きくなる前までは頑張ろうwと思っている(imifumei)。というか今年も参加決心するまで迷っていたのが本当の所。

  さて、ブログ記事は日曜の夜に書く事が多い。休みの最終日といえばこんな話を思い出す。


  ・前常念岳と常念岳
  1705_alpsazumi_01


  GW連休の最終日の夜、翌日朝からは仕事だという時に、ギター弾き語りのライブに行った。
  そこでもやはり、こんな時間にようこそwみたいな話になって、サザエさん症候群なんて忘れるくらいに存分に楽しもう!などと笑いながらやっていた。
  実際の所、頭の片隅には早く帰らなきゃというのがあって、ふとそれが出てきて楽しみきれない部分もあった。
  しかし、アレルゲン という曲を聴いて、その憂鬱が少し解消された。歌ったその人も私自身も花粉症に悩まされているという点だけではなく、歌詞の内容が面白かったのだ。
  ♪テレビをつけてもラジオをつけてもあいつが出て来るアレルゲン!再生不可能、、(すみません忘れました)。作詞者本人の意図とは実は違うかもしれないが、私にはこれはアベ首相の事を指しているとしか思えなかった。
  実際、NHKラジオニュースが耳に入る時は必ず、アベ首相がどうしたとか本人の声が流されるのだ。もうこれは全くのストレッサーなのだが、同じように感じている人がいたのかと嬉しく思ったのだ。


  1705_alpsazumi_03


  加計学園問題では、元文科省事務次官・前川喜平氏が 『総理のご意向』文書は本物 として、日本の為に遂に立ち上がった!!! NHKを始めとして大手メディアはアベ政権に、ただじゃ済まないぞ、勘ぐれ と脅されているのかもしれないが、ここで頑張って圧力と闘ってほしい。今がメディアにとっても、暴走政権を終わらせたい人にとっても最大のチャンスだ。

  まずは、そうすべき人物に国会で話をしてもらう、それが必要だ。それが出来ないなら、野党は国会審議拒否などで徹底的に闘って欲しい。共謀罪の審議など応じている場合ではない。


  結局、こういう話題になってしまいました。。次こそ自転車の話題ということでご勘弁願いたい。

   ではまた。



いのちを繋ぐ

2017-5-22

  昨年の秋、家の周りにいるアゲハの幼虫の一匹が、庭に置いてあったダンボール箱の中でさなぎになった。そこは、フタの隙間から差し込む僅かな光のみの暗い空間。

  まだ寒さが厳しくなる前だったので、羽化するだろうと、さなぎの部分だけダンボールを切り取って自転車置き場の近くに固定しておいた。しかし、羽化する事は無かった。もうダメになってしまったのだろうかと半分諦めていた。
  冬の寒さの中、強風で何度か落ちて糸が切れたりしていたが、まだ生きているに違いないと、糸の代用品でさなぎを固定して見守っていた。

  冬が過ぎて春が訪れた。5月に入って間もないある日、さなぎが色黒に変化しているような気がして、じっと見る。

  その数日後、ちょうど週末の朝のこと。それまで全く失念していたのだが、食事をしている時にふと、羽化するのは朝のこんな時間だよね、と考えが頭をよぎった。すぐに自転車置き場へ行ってみると、さなぎはもぬけのから。周囲を見回しても姿は見えない。まさか?と足の下をみても大丈夫だったw。それならばと、自転車スタンドの下を覗いてみると、そこに居た。高さ数センチのスタンドの足に上ろうとほこりにまみれて悪戦苦闘していたのだ。羽まだ小さく、さなぎから出てきたばかりのようだ。急いで救出して、庭の鉢植えミカンの木に移動させた。


  1705_ageha_01

  1705_ageha_03

  1705_ageha_04


  時々やってくるすずめ達に気を付けながら、1,2時間も経つと羽がすっかり伸びてきた。羽を動かす練習を見たのが最後で、後で気が付いた時には姿は無く、家族に聞けば飛んでいってしまったとの事だった。

  もちろん、自分が手を出さなくても、このアゲハは自力で生き延びていたと思う。でも、ちょっとだけ手助け出来たつもりで、少し嬉しい気分になれた。これはまったく人間の勝手な思い込みであるけれど。


  そしてその後、ナミアゲハやクロアゲハがウチの庭に飛んできているらしい。
   って、山椒にも、ゆずにもこんなに状態に、、 2齢か3齢幼虫になったら山少年にハーブの方に移動してもらおう。でないとあっという間に丸坊主にされてしまう。

  1705_ageha_07


  今年も賑やかになりそうだ。

  と思っていたが、近くで松枯れ対策でネオニコチノイドの農薬空中散布をするのか?あれは昆虫を絶滅させる事で松と松茸を救おうというやり方だ。しかしその効果ははっきりしていない。一方で、人間への健康被害が心配されるものだ。

  収入が減るのは困る。そのために、どこまで人間はやるのだろうか。本当にやらなければならないのだろうか。いつも思うのはその事だ。自分が生き延びる為には、何でもするか。それは許されるのか。どの規模でそれをやるのか。いつまでやるのか。考え方の転換は出来ないのだろうか。他の方法はないのだろうか。


  共謀罪法案が法務委員会で強行採決された。日本の民主主義は消えてなくなりそうだ。
   森友学園、加計学園問題を厳しく追及して究明して、共謀罪を阻止して欲しい。頑張れ野党!!! 民進党、共産党、社民党、自由党は全力を尽くせ!!!


    最後に脱線。。ではまた。

季節はめぐる

2017-5-14

   何故、アベ政権は続いているのか。

  5月8日の衆院予算委員会にて、民進党の長妻昭衆院議員国会の質問に対して、改憲について自分の考えを知りたければ、読売新聞を読め と暴言を吐いた。
  これは答弁拒否と同じだ。読売新聞を買えと宣伝しているつもりか。アベ首相の国会軽視も極まってきた。

  アベ首相にとって国会とは自分の法案を採決して通すためだけの場と考えているとしか思えない。与党で2/3以上の議席をもっているから、それが可能になっている。
  法案の審議の内容はどうでもよくて、時間さえ過ぎれば強行採決してよいと考えている。だから、質疑の答弁も、全く質問に対して答えないでも良いと考えているのだろう。もちろん、まともな議論もなしに法案を通すのは、間違っている。

  森友学園への国有地の異常安値売却問題、加計学園の優遇問題、これらの追求もまだ途中になっている。
  追求する野党がだらしないという記述を見かける事もあるが、そうではない。
  アベ首相がまともに議論しない、質問に答えないからだ。
  知らぬ存ぜぬ、批判するには当たりません(但し理由説明なし)というのを許しているからだ。これを何故放置するのだろう。支持率50%という数字があるからか?大手メディアが報道しないからか?野党はこの件で結果を出せれば支持率も上がるだろう。

  もし、森友学園、加計学園の問題が追求しきれないまま終わったら、、
  直言、諌言するやつはクビだ!オトモダチだけ優遇!の縁故政治を認める事に等しい。これは、首相による独裁政治というものだ。
  独裁政治をする人に、憲法を変えさせたりすればどうなると思いますか?
  もちろん、口先では良い事をいうので騙されないように! TPP断固反対!と言っていたように。


    。  。  。


  さて前置きが長くなりました。政治の世界では民主主義の冬が続いていますが、季節は春です。
  先日、山を歩いたときに、一面にふきのとうが出ている場所がありました。
  いくつかを天ぷらにして美味しく、という方もいらっしゃると思いますが、写真だけ撮ってきました。

  1705_fukinotou_01

  1705_fukinotou_02


  生き物が活動を始める春です。

  うちのミニ畑にも種まきの時期がやってきました。


  1705_me_01

  1705_me_02


  食べ物をつくる農業は、やはり大事な仕事だと思うこの頃です。

   ではまた。



城山の桜

2017-5-6


   私事でありますが、結局、丸一日と半分くらい寝込んでいました。これでは休日だろうが何だろうがあまり関係が無い。いや、仕事を休むのでなかったから良いのか。不調は、インフルかカフェイン切れの症状かよく分からない頭痛。ここ数年悩まされていて、一体何なのだろうか。今度は可能な限りカフェインを遠ざけてみようかと考えている。でも、コーヒーどうぞ、って感じでだされると説明にやや困ってしまいますね。


  連休前の事、桜の時期の城山公園へ行ってみた。きっと車は混んでいるだろうという事で自転車にて。
  最初は知らなかったけれど、この公園は犬甘城(いぬかいじょう)という山城なのです。言われれば、公園の西側には南北に郭が並んでいるのが明確です。知らずに訪れると、何故小高い平地の間に、落ちくぼんだ溝があるのだろうと思うかもしれませんが、それが山城の堀切という構造で、子どもは喜んで降りたり上ったりしそうな地形です。
  各郭にはあずまやや、歌碑などが建ち並び、山城としての雰囲気はやや損なわれてしまっています。ですが、この公園は花見の場所としても知られているのです。


  1705_jouyama_01

  1705_jouyama_02

  1705_jouyama_03


  満開、そして散り始めた桜の花びらの中、またぞろぼうっとして過ごすのであります。


  公園内の展望台からはぐるり360度の景色も楽しめる。こちらもまたお勧めです。


  ・奈良井川と北アルプス
  1705_jouyama_04


  結局、今年は満開の桜を楽しむ事が出来た年であったかもしれない。

   そんな感じです。

    ではまた。



プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる