冬の記憶

2017-4-22

  皆様のブログなどにて美しい桜の写真を拝見したり、季節の行事を知るにつけ、すっかり春だよなと思い、自らの目と鼻が花粉症でダメになってもまた、春の到来を感じるこの頃です。いかがお過ごしでしょうか。
  松本平の桜も花開き、そして散り始めています。松本城でもきれいに咲いていると聞きます。見に行かずに終わってしまいそうだけど。

  一年が過ぎ去ったのか、、と強く感じるのはどんな時だろうか。
  卒業・入学の時期、年の暮れ、、人それぞれだと思います。

  私の場合、山の雪が徐々に少なくなり、冬が終わってしまった時です。これは、夏が大好きな人が、夏の終わりに感じる寂しさと同じかもしれません。

  載せる写真が無いかなと少し前の物まで見返していた時に、冬の峠道を訪れた時の写真を見つけました。これを見て、冬は良いなと今改めて思い返しています。
  北国の冬の厳しさの中では、そうは思わないかもしれない。数ヶ月間、雪に閉ざされて寒さと対峙する、そんな印象です。ですが松本平の冬は気温は下がるがそこまで厳しくない。そんな背景もあるかもしれません。それに冬は花粉も飛ばない(重要)。


    。  。  。


  積雪の少ない冬だった。
  2月の終わり頃、雪はあらかた融けてしまっていた所へ少々の降雪。こんな日は、新しい雪の上を走る事が出来る。青空の下、いつもの北方面へと向かった。

  峠の道に入り、戦国時代の山城の横を通過しつつ高度を上げていく。道路は新しく積もった雪に覆われていて、実に気持ちの良い状態だ。雪の深さは10cmも無い程度。ファットバイクなら雪の上を走るだけで楽しくなってくる。

  1704_shina_01

  1704_shina_02


  この日の目標地点である峠の頂上に到着。
  時間に余裕があったため、自転車を停めて、峠の横の尾根に上ってみた。これがなかなかの急坂で、さらに凍結のため少々苦労した。尾根上からの展望は一部のみ。道は無い場所なので、少し歩いてまた来た道を戻る。
  凍結部分の下りは、しゃがんだ体勢で足裏セード?のつもりが、結局尻餅ついて ダダダッ、、イテテテッ、、てな感じ。


  1704_shina_03

  1704_shina_04


  帰路は来た道を下る。
  ほとんど踏まれていない新しい雪を走れる機会はそう多くはない。適度な速度で雪を楽しみながら走るのだ。

  曲がりくねりながら続く峠道では、日陰部分では積雪が多い。ある日陰のコーナーを通過中、路面が凸凹しているね、、と思った次の瞬間、前輪がグリップを失い始めた。

  え?立て直し、出来ない!右に自転車が倒れていく、、
   右足を出すんだ、、間に合わない!
    自然に右手はハンドルから外れて、近づいてくる地面に向かって伸ばされ、、
     もしかして、転倒しつつあるのかこれは?と考え
      右手は地面の雪を押しのけながら滑り、
       右膝も雪面に着地、、
        身体は自転車から離れて横に回転し、背中のザックが地面に押しつけられ、、
         ザックを背負っていて良かったと思い、、         
          次に気付いた時には両脚で立っていたw

  身体と自転車を確認、問題は無くて良かった。雪の上では滑るためダメージは少ない。

  何故滑ったのか?と見てみれば、新雪の下は黒々とした氷が一面に有ったのだ。雪の積もる前の姿を知っていれば、、と言っても仕方ない。それにしても、また右側への落車であった。右への反応が苦手なようなので、特に右側急斜面のような場所では要注意だ。


  1704_shina_05


  以上、楽しみながら、なんとか無事に帰ってくる事が出来たという、ある冬の一日の話でありました。

   雪の話題、まだ続く?

     ではまた。




スポンサーサイト

これでいいのか?

2017-4-16

  今週末はお誘いを受けて、自分にしては珍しく複数人で自転車に乗ってきました。
  しばらく訪れていなかった林道や、知らない道を走って、ややはしゃぎ気味。急坂に差し掛かるとチャレンジ!とか言いながら下ってみたり、全力で上ったりして楽しめた。しかし、帰ってきてから腰が痛いとか、花粉症がまた全開になったりと反動が大きかった。
  今回は上りと下りで周りのスピードに合わせる為に、ファットバイクではなくフルサスMTBが久々の登場。自分の限界に近い走りをしてみてタイヤがいまいちだとか、変速がシャッキリしていないことに気付いて、真面目に手をいれてやらなきゃな、という感じでありました。


  ・ツグミ
  1704_birds02


  さて、写真は身近な冬鳥ですが、本題は前置きとも写真とも違って雑談ですw。なぜならまた国会でおかしな事態が起きていて、書かずにいられないって事です。


    。  。  。


  アベ首相と首相夫人の大疑惑である、森友学園への国有地激安払い下げ問題の追求はどうなっているんだろう?
  週刊誌などは頑張っているけれど、新聞には全く記事が載らなくなっていた。まさかこのまま幕引きではあるまいな、と心配していた所へ、こんな出来事があったのだ。

  つい先週、4月12日の衆議院厚生労働委員会の介護保険関連法の審議にて、民進党の柚木道義衆議院議員が首相夫人や迫田英典前理財局長(問題の土地払い下げ当時の局長)の公の場での説明を要求した。
  そうすると、自民党は途中でその審議をやめて、強行採決したというのだ。
  従来から、法案審議の冒頭に、話題となっている案件について質問する事はあるとの事だ。それなのに、関係ない事を質問するのは審議十分だとして、審議をいきなりやめて、またもや多数議席による暴挙を行った。

  これは、気に入らないことを質問すれば強行採決をするぞ、という脅しではないか。秘密保護法も戦争法でも強行採決したが、いくらでも出来るんだぞという、質問封じではないか。そして疑惑の追及封じをしているのだ。
  アベ政府は、自分たちに楯突くヤツは証人喚問する(籠池氏)が、都合の悪い人物についてはそれを拒否する(迫田前理財局長、首相夫人、夫人付きの公務員、三宅弘公文書管理委員会委員長代理)。都合のよい子とばかりやっている。独裁政治の暴走をとめなければならない。(どうやって?と思いますか?)

  この件で忘れてはならないのは、まず明らかにしなければならない事は、
  普通ではあり得ない国有地の激安払い下げが何故おきたのか?という点です。
  国内では、この疑惑だけでなく問題山積み。それなのに、共謀罪まで通そうとしている。
  

  ・ジョウビタキ  日本の国会を見て目が丸くなってしまった?
  1704_birds03


  ・フクロウ  眠そうな目、、目を覚ますんだ!!!
  1704_birds01

  
  3.11の震災前に、日本がこのように変化するとは思ってもみなかった。

   つづく






自転車冒険家 小口良平さん

2017-4-11

   先日、小口良平さんの講演会に参加させて頂き、話を聞いてきました。
  このお方、どんな事を成し遂げたかというと、、

    自転車に乗って地球一周、157カ国、155,500km!!!

  を旅してきたのです。これを聞いただけで、私の想像を遙か超えています。サイクリストであると同時に冒険家ですね。

 
  まず、1年で日本一周、それに続けて7年半で世界一周の一筆書きだそうです。
  この偉業は、モチベーションを維持しながら資金を作るところから始まっている訳で、それを含める足かけ14年くらいになると思われます。そして達成して無事に帰還。


  ご本人は、フレンドリーな笑顔で気さくな感じ。喋りも上手で二時間以上の講演会もあっという間でした。
  印象に残ったところをちょっとだけ書いてみます。

  旅はテント泊が多かったとの事です。最初は人目に付きにくい所でテントをたてていたら、悪戯される事もあった。今度は現地の人と仲良くなって、そして場所を借りる。そうして人目のある場所の方が安全だったと。仲良くなれば、家に入れてくれる。食事もあるかもしれないし、家の中で寝ることもできるかもしれないということでした。
  現地の言葉を覚えて、話してコミュニケーションを取って仲良くなることが大切。これは世界を旅する時に限った事ではないと思います。それに、自分が日本人だと言うと、暖かく対応してもらえたそうですよ。


  ・マイクを持っているのが小口さん
  1704_oguchisan


  なるほどと思わされる話や、驚くような話、わずか2時間で語り尽くせる物では無いと思いますが、とても興味深いものでした。
  一方で、交通事故、マラリアにかかって入院したり。。講演会では話していませんでしたが、他にも大変な事態に遭遇していたと思われます。本当に命がけの旅です。

  私には絶対無理!と思ったのはアフリカの食事ですね。。 無理です、はい。

  興味ある方は、可能なら講演会に行ってみるも良いかと思います。本も出されるらしいので、そちらも読んでみたいですね。

  もう一つ、
  小口さんは、何とファットバイクで次の冒険を考えているとの事で、SURLYのアイスクリームトラックに乗っているのだそうです。
  まあ、一緒に乗りに行こうぜ!とはなかなか言えないよね~



  私自身も自分なりに冒険を楽しみたいと常々思っているのですが、、
  翌日の疲れが仕事に響かない程度に、、ってささやか過ぎますかねw?

  
   ではまた。



つぐみ

2017-4-5

   日一日と暖かくなっているのは良いのですが、花粉症全開で目と鼻が辛いこの頃です。

   ニュースでは、共謀罪が審議入り(強行採決コース開始)とか、今村雅弘復興相の暴言「自主避難は本人の判断。裁判でも何でもやればいいじゃない」(年間被ばく量的に日本の帰還区域はウクライナでは強制避難区域)とか、長野県の空をオスプレイが我が物顔で飛び回ったり、「核兵器禁止条約」の交渉開始の決議案に日本が反対したり、、
  さらには、教育勅語についてアベ政府は道徳教材としての使用も容認する考えだという!!!ぶったまげるとはこの事だ。天皇陛下も驚いているに違いない。

  もう酷すぎて、何がなんだか分らなくなってきたw いや、権力を行使している側が今だけ、金だけ、自分だけ全力で実行しているとすると、説明が付いてしまうのがとても怖い。
 

  そんな日々の悪いニュースから逃避ですw。

   。  。  。


  庭によく訪れる鳥の話です。

  つぐみは、冬になるとシベリアなどから飛来して、日本で越冬するのだそうです。毎年、何千キロも旅をするとは、小さな身体にもの凄いエネルギーを持っているのだ。
  ウチの庭にも毎年訪れるので、相当数が飛んできているのだろうか。つぐみのからだの色合いなどは個体差が大きいとも読んだ。ただ、今冬見かけたつぐみは、前とかなり似ていると思える。もしかして、毎年同じ人が来ているのではなかろうか、などと考えたりもする。


   おーい、足ズボッ となるよ
  1703_tsugumi01

   ん?
  1703_neko02


  そこにはメダカが居ることを知っているのか?
  もし薄く貼った氷が割れたら、、とカメラを持って狙っていましたが、鳥は身体が軽いので薄氷を踏み抜く事は無かったのだ。

  さて、ウチの庭に訪れるのは鳥たちだけではありません。気を付けて!


   おーい、何してる?
  1703_tsugumi02

   ん?
  1703_neko01



  このつぐみは、もう日本を発ったのだろうか。。 無事に渡っていける事を願っている。

  そんな冬の終わりの一日を思い出して書いています。

   ではまた。




これが最後のチャンス

2017-3-31

  今回は久々の雑談です。

  国会では、アベ首相と首相夫人をめぐって、森友学園問題(国有地激安払い下げ)、加計学園問題(新規獣医学部が突然認可、土地も無償)が追及されています。

  どちらの学園も、首相と首相夫人のオトモダチです。首相夫人が名誉校長だったり、名誉園長だったりもします。そのオトモダチに便宜がはかられたのではないか?という問題です。

  図られたのではないか?と書きましたが、実態として、森友学園も加計学園も通常では考えられないほどに優遇されています。どうしてそうなったのかは、徹底的に追求し解明されなければなりません。

  
   。  。  。


  NHKが従軍慰安婦問題を取り上げた番組「問われる戦時性暴力」(2001年)を制作したとき、政治家の圧力で番組が改変された事がありました。慰安婦の証言を減らし、加害兵士の証言を無くし、天皇の戦争責任の部分も無くしたそうです。
 
  このNHKに対する圧力は、恫喝とも言えるやり方だった。
  そしてその政治家とは、皆様ご存じ、現在のアベ首相その人です。

  実際に安倍氏(当時内閣官房副長官)から圧力を受けた元NHKプロデューサーの永田浩三(武蔵大学教授)によると、
  「安倍氏は放送総局長を呼び出し、『ただではすまないぞ。勘ぐれ』と言ったそうです。『作り直せ』と言えば具体的な圧力になるから『勘ぐれ』と言ったのです」(リンク)
  
   ただではすまないぞ (脅し、恫喝)

   勘ぐれ(命令形)

  そもそも、日本語としての使い方に文句を言いたいが、それはさておき。

  つまり、「何を言いたいか分るよな?言わないけどその通りにやれ。そうしないと、ただではすまないぞ」 という感じ。
  この恫喝により、NHKは大幅に番組内容の改変するに至ったのだ。


   。  。  。


  森友学園問題に関して、安倍首相は2月17日の衆議院予算員会質疑でこのように述べた。

  「私や妻が関係していたということになれば、まさにこれは、もう私は総理大臣も、そりゃもう、間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」


  首相夫人付きの公務員が籠池氏に送ったFAXから、
  首相夫人は、籠池氏からの土地購入費用負担の低減について陳情を受け、夫人付きの公務員が財務省に問い合わせした(つまり安くしてくれと)。しかし、要望には沿えない。引き続き見守っていく。本件、夫人承知です。
  
  首相夫人側から財務省に個別の取引に関して、購入者に代わって要望を伝えているという事だけでも驚きだ。

  そしてその後、どういう訳か籠池氏の要望が通った形になり、結果、9億円以上の国有地がほとんどタダ同然になるという全く理解できない状況が発生したのだ。

  上記の二つの事象の間に、何があったのかを明らかにしなければならない。


   。  。  。

 
  この追求が完遂されなけば、どうなるか。

    平成の治安維持法である共謀罪
  
    自国の農作物保護をやめて海外に開放する種子法廃止(外資が遺伝子組み換え植物と共にやってくる)

    水道民営化法(重要インフラを市場開放するな)
    
    お国が家庭を支配しようとする家庭教育支援法


  まだ他にもありそうですが、これらの悪法が与党多数議席を使って通されてしまうかもしれない。いやそうされる恐れが非常に高い。強行採決国会になったって、自民公明の与党は皆様に選ばれた私たちがやっているのですと開き直るだろう。

  さらには、この独裁体制をますます止められなくなるだろう。そして、今だけ、金だけ、自分だけの勢力を勢いづかせるだろう。


  野党は全力で頑張れ! 不正をゆるすな!!!

    
   つづく



福寿草

2017-3-26

  しばらく不在にしておりましたが、戻って参りました。
  もう春です、という記事を書こうとしている今日は雪。今もまだ降り続いています。市街地ではみぞれでも、標高で500mも上ればしっかりと降っていて、今日は雪の中の山道を楽しめました。今冬最後と思われます。その時の写真はまた次回に。

  さて先日、四賀村の福寿草祭りへ行ってきました。普通は車の所、それでは面白くないので自転車で移動です。稲倉から江戸道を通って四賀の谷へと向かいます。


  ・峠道、日陰に積雪や氷が残っている。
  1703_fukujyu_01


  ・峠を越えていくとこの景色に迎えられます。爺ケ岳、鹿島槍。
  1703_fukujyu_02


  二時間ほどで峠から保福寺川沿いの道に出ると、福寿草群生の土手はすぐ近く。自転車を停めて、順路に従ってカメラ片手に歩きます。本格的な感じで撮影されている姿も結構見られました。

  
  ・丘の上に向かって、花開いている
  1703_fukujyu_06

  1703_fukujyu_03
 
  1703_fuku


  太陽の光を浴びて、満開の花は金色に輝いていました。やや若い花はやや緑がかっていて、不思議な色合いを見せています。
  自転車で苦労して来た甲斐がありました。

  さて、持参の弁当を食した後、来た道を戻るのです。峠の上り坂、山少年は割と平気で走っているようで、脚力も付いてきたようだ。そりゃ足のサイズが親を越えつつあるのだから当たり前かw。

  以上、穏やかな春の一日でありました。

  

お知らせ

2017-3-19

  いつも拙ブログへ来てくださる皆様、ありがとうございます。

  一週間ほど都合によりお休みします。

  復帰した際にはまたよろしくお願い致します。


  1703_fukujyu


   ではまた。



プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる