油圧ディスクブレーキのメンテナンス

2017-9-22

   すっかり涼しくなり、季節は秋ですね。

  1709_pugsley


  今回は自転車のメンテナンスの話題です。
  シマノ油圧ディスクブレーキのオイル交換、空気抜きについて書いてみます。

  登場頻度が低いウチのMTBで、油圧のディスクブレーキがついている物がある。
  この自転車に本格的に乗る機会があり、斜度20%前後の上り坂を押していこうという時に、リヤブレーキがスカスカになって、制動力ゼロ。非常に難儀した。前からその前兆は有ったのだが、平地と下りは全く問題ないのでそのまま使っていた。しかしここにきて全く効かなくなってしまった。このスカスカの原因は後ほど明らかに。

  知り合いやTAO店長さんに話してみると、レバー側かキャリパー側か分からないが、気泡を噛み混んでいるのだろう。よくある話だと。

  SURLYのPugsleyは、低温下でも動作して、かつ修理もしやすいパーツという事で、ディスクブレーキはワイヤー引きだ。レバーはやや重いが、極寒でも使えるだろう。制動力は油圧に劣るが十分に強い。自転車をひっくり返しても問題ない。私としてはこちらの方が好みなのだ。まあ、シマノの油圧ディスクブレーキの方がレバーの引きが軽くて使いやすいという話はある。


  BR-M675
  1709_mente_01


  好みの問題はさておき、不調ブレーキは直さなくてはならない。かなり重ーい腰を上げて、修理してみる事にした(yokkorase)。まずは型番の確認、BR-M675であった。
  油圧をメンテするのは始めてなので、店長さんに聞いたり、ネットでシマノのマニュアルpdfを入手して熟読。マニュアルにはブレーキホース接続後のオイルの入れ方、空気の抜き方が書いてある。BR-M675と書いてある物は見つからなかったが、大体似たようなものだろう。
 

   マニュアルpdf記載の基本的な流れは、下記のよう

   1)レバー側にはじょうごをセット。
    キャリパー側のブリードニップルを緩めて、注射器を使って
    下から上といった感じでオイルを入れていく。

   2)キャリパー内に残っている気泡を、ブリードニップル側からオイルと共に出す。
    キャリパーの向きを変えたり、軽く振動を与えると良いとの事。
    次に、レバーを握って圧力をかけた状態で、一瞬ブリードニップルを緩めて、
    キャリパー内の空気を出す。を2,3回。

   3)最後に、レバーをゆっくり動かしてレバー部分(リザーバタンク)の気泡を出す

  、、、mendoKuSa!


  オイルを一旦全て出してから新しいものを入れるなんて、、、  出来るだけ簡単にオイル交換し、気泡を追い出して不調を治す事を目標とした。
  再びネットにて、実際にオイル交換した方々の記録を拝読させてもらい、考えた。
  結論は、レバー側から新しいオイルを入れて、キャリパー側から、古いオイルと気泡を押し出すというやり方だ。

    。  。  。

  (1)
  まずはレバー側の注入口を緩めて外す(Oリングも無くさないように)。じょうごをセット、新しいオイルを半分くらいまで入れる。
  
  上から下にオイルを行き渡らせるつもりなので、レバー部分に気泡があっては元も子もない。
  試しにレバーをゆっくり浅く動かしてみると、気泡が次々と出て来るではないか! それならばと、レバーの確度を変えたり、少し振動を与えたりして、徹底的に気泡抜き。もしかして、スカスカの原因はこれでは?


  ・レバーをゆっくり動かすと、プクッ と出てくる
  1709_mente_02


  以上で作業終了!
  と思ったが、、キャリパー内の気泡もあるかもしれないし、オイルの入れ替えもしたいので、作業継続とした。

  (2)
  漏れたオイルがローターやパッド、キャリパーに付着すると、取り除くのが大変との事で、キャリパーは外して作業する。 パッドの間に入れるプラのパッドスペーサーを準備していなかった。ローターと同じ暑さのAL板を代用品として挿入しておく。

  キャリパー側のブリードニップルに7mmのメガネスパナをセットして、ホース接続をビニール袋にテープで固定(排出されたオイルが溜まる)
  さて、ブリードニップルを緩めるようとしても外したため力が入れにくく、緩められない。そこで、キャリパーをモンキーで保持して、ニップルを緩める事が出来た(結構固かった)。

  少し待つと、オイルがチューブを通って出てきた。よく見るとピンク色が薄く、汚れが混じっているので交換して正解。あまり乗られていなかったけれど、定期的なオイル交換が必要という事だろう。
  でも、キャリパーを傾けたり振動を与えたりしても気泡は全く出てこない。。やはりレバー側の気泡が問題だったのだ。
  オイルの汚れが見えなくなって、大体入れ替わったかと思われる所で、ブリードニップルを締める。

  1709_mente_03

  1709_mente_04


  次にレバーをストラップで抑えた状態にして、ブリードニップルを一瞬緩める。2回やってみたが気泡は出ない。
  ブリードニップルは外す時の固さをイメージしてしっかり締めて、キャリパー側は完了。

  ここでレバーはスカスカになっているが、ゆっくりと数回握ると段々と固くなってくる。
  じょうごにオイルストッパーをして取り外し、ねじ穴からオイルを溢れさせながらフタとなるネジをしめこむ。これで完了。
  ブレーキ操作してみると、元と変わらないタッチで良さそうだ。問題となっていた前輪を上げるような状態にしてもレバーはスカスカにはならず、空気抜きは成功したようだ。

  以上、リヤブレーキの作業を無事に完了。調子に乗ってフロントも同様に行った。
  前後で、50ml入りのシマノ純正オイルは半分強は消費した。割と高いんですね、このオイル。


   。  。  。


  今回のレバーがスカスカになった原因
  作業結果から、レバー部分のピストンとリザーバにオイルが足りなくなり、上りの状態に傾けると、ピストンに空気が入り込んでオイルを押し出せなくなっていたと考えられる。

  オイルが足りなくなったのは、、最初から?もしくは、時間と共に体積が減った? 徐々に症状が悪化していったので、後者なのだろう。そうだとすると、定期的にレバー部分にオイルを補充するのは良い考えだ。簡単だし。オイル満タンになっていれば、自転車をひっくり返しても大丈夫なはず。敢えてする必要はないけれど。
  やっぱり油圧ブレーキは取り扱いがやっかいだな、と思うのでありました。

   。  。  。

  以上、調査1ヶ月、部材購入2週間、妄想数週間、作業1日で完了w。失敗しなくて良かった、というのが正直な所。
  
  で、外したキャリパーの位置決めがまだ完了せず、ローターに擦れている。これからブレーキパッド交換もしようと考えているので、その時に調整しよう。しかし、パッド交換時にやらねばならないピストンの押し戻しは自分で出来るのか??

  という訳で、まだ続編に続きます。



スポンサーサイト

空中散歩

2017-9-17

  9月入った途端に急に気温が下がってきました。
  先週は朝の最低気温が13度の日もあり、季節は変わってきているのだと感じます。で、やはり風邪をひいてしまった。周りでもはやり始めているなと思っていたら、RSウイルスらしいです。鼻の辺りが凄いw。

  という訳で今週末は、自転車に乗ることも出来ず、大人しくしています。来週末の自転車予定があるので、それまでに治さなければ。と言いつつも、そのための自転車整備をしたり、GPS(!)にルート登録したり、どん之丞の卓球の相手をしたりと忙しい。

  台風が北上中で、明日は長野県にも来るだろう。各地での被害が無いことを願っております。


  写真は先日の山歩きの時のものです。
  何か目の前にぶら下がっていると思ったら、クモでした。ハナグモらしいです。木から木へ移動していたのだろうか?
 

  1709_hanagumo_01

  1709_hanagumo_03

  1709_hanagumo_04


  今、気が付いた。クモはやはり苦手、、

  ウチの庭の癒し系に登場してもらおう。
  ミカンやゆずの鉢植えが置いてあって、アゲハがよく訪れて卵を産み付けていく。それが成長して、幼虫が歩いているのですが、、その木にいました。先日の写真から、大分成長したようです。
  半日ほど同じ場所にじっとしていて、何をしていたのだろうか。山少年が幼虫が居ないといって騒いでいたので、まさか、、


  1709_kamakiri


  次回は自転車の記事にしたいと思いつつ。


   ではまた。
   


牛伏川のフランス式

2017-9-12

   先日、牛伏川のフランス式階段工に行ってきたという話になった時の事。ダムに詳しい店長さんによると、かなり上流の奥の方まで工事されていて、今見えているのは一部分のみだけど、見えない部分にまで大がかりな砂防施設があるのだと聞いた。少し調べてみると、規模や歴史において国内有数の砂防施設である事を知りました。


  1709_france_01
  
 
   8月の良く晴れた日に、山少年と山へ向かった。下界は暑いので、車で一気に高所まで上って、そこから周辺を歩こうという計画だ。

  目的地に上り始める地点まで来ると、パトカーと警察管が数人いて、検問か?しかしそうではなかった。上でイベントがあり、この道は下り専用としている。ここからは上れないと告げられた。
  上るには一度降りて国道を回るのでかなり遠回り、それに上った所で高原は混んでいる事は明らか。混み合っている所は避けたい私。
  仕方ないので、方針を変更して牛伏川へと向かう。ここにはフランス式階段工があって、その辺を歩いてみようと。


  近年、今までにない集中豪雨とそれによる土砂災害がニュースとなり、自然の力の大きさと人間の非力さを思い知らされる。
  河川による災害は昔からあり、これを防ぐ為の砂防施設が全国に造られている。普段の暮らしでは意識される事は少ないかもしれないが、土砂の流出や斜面の崩壊を防ぐなど重要な役割を果している。そして国家的砂防事業の先駆けとなったのが、牛伏川の砂防施設群なのだそうだ。


  1709_france_02

   。  。  。


   牛伏川流域は、浸食されやすい地盤と急峻な地形により、氾濫による土砂災害が多い場所だった。
  かつては鬱蒼とした森林だった上流部の水源地帯は、戦国時代以降の乱伐により荒れて、大欠(おおがけ)という崩壊地となり、6本の杉の木を残すのみだったという。大雨の度に発生した土石流は、田畑や人々に甚大な被害を繰り返し与えたという記録が残っている。

   明治18年、土木局は信濃川治水事業に着手。新潟港の埋没は信濃川の水源地、牛伏川の荒廃にある(!)として、砂防工事を開始。5年間に渡って、中腹の緩い勾配に5つの堰堤を築造した。

   次に、最難関である上流部の工事へと進むが、大欠は急峻な崩壊地であり、命がけの工事となったそうだ。中でも地獄谷は落ちれば行方知れずとなるほどの陰惨な谷と表現されている。地元のみならず、富山や石川からの人夫も合わせて150名の作業者が従事して、100基以上の石積み堰堤、8350mに及ぶ水路の石張りが行われた。植えられた木は90万本に上るという。

  中上流部の工事が終わった後、まだ一号堰堤下部は急傾斜で流れが急であるという問題があった。そこで、フランスの階段工を参考にして、高さ1m程度の段差を19段有する石張りの水路を築造した。工事で使用された石の量は膨大であり、鉢伏山や諏訪から横峰に運び上げられ、横峰山頂から鉄索で地獄谷上部へ下ろされた。想像だが、ここで石は適切な大きさに切り出され、この場所が石切場と呼ばれているのではないだろうか。ここから先は人夫により現場に運ばれていった。

  以上、明治18年(1885年)の工事開始から30年以上をかけて、国家的砂防事業が完成したのだそうだ。
  <水の土木遺産 牛伏川階段工を参照

  
  ・1号堰堤とフランス式階段工の最上部
  1709_france_03

 
  山少年と二人で、階段工を横にして、これが100年前に造った水路かと感心しながらゆっくりと歩いていく。
  途中、軽トラで作業から戻ってきたかと思われる人に案内マップをもらった。松建小屋辺りの緩い水の流れには、カラスアゲハが何匹も水を呑んでいる場所があった。過去は荒廃していた流域が、水害を抑える事で自然が回復してきたのだという。
 
  この先は、沢に沿って登っていく。かなりの急坂だ。
 後から分かった事だが、ここが最難関の工事であった崩壊地の大欠、地獄谷だったと思う。過去資料には急斜面に、相当な幅の石積み堰堤が何段も映っている写真があった。実際に登っていて水の流れは見えども、そのような構造があるとは想像も出来なかったのだ。次に訪れた時には判別出来るだろうか。
  
  ここの森は緑が深い。 過去に木々もない場所だったとは思えないほどだ。


  1709_france_04

  1709_france_05

  1709_france_06


  大欠を越えて林間をしばらく歩くと、小尾根に出る。そこからまもなく石切場へと到着。松本平を眺めながら、ここでお昼休みとした。帰路は尾根道から下って、牛伏寺へ出る。


  1709_france_07


  以上、長くなりましたが、牛伏川の自然は先人の大変な努力により取り戻されたのだと知る事が出来ました。そのような歴史を知ると、今ある自然に対する見方も変わってくるのかと思います。
 
  フランス式階段工は知っていたけれど、その奥に本当に凄いヤツが隠れていたのです。

 
   ではまた。



街のほそ道

2017-9-6

  ここ最近、自転車の記事の少ない自転車ブログです。
  だからと言って、自転車に乗る機会が少なくなっているかと言えばそうでもない、一応。ですが、記事にしようと思う自転車行が少ないのがやはり寂しいか。

  何故、自転車に乗るのだろう?
   小さな旅のようで楽しいし、体調も良くなるし、健康度アップして、財布にも優しいし(honto?)

  脚の筋肉は大きいので、これを使って運動すると、身体の血液がよくまわります。太陽の光の中で風を切って走っていると、皮膚も強くなって、風邪を引いたりしにくくなると感じます。アンタは虚弱と分類された小学校時代から考えると、自分も自転車をやるようになって幾分丈夫になったなあと思います。
  もちろん、過ぎたるはなんとやら、頑張りすぎは逆効果。怪我をすることだってあるので気をつけたい。

  一方、特別に遠乗りはしなくても、普段の足として雨の日も晴れの日も、日々活躍しています。
  街へ買い物へ出かけたりする時も、ほとんど自転車です。そんな時は、わざと知らない道に迷い込むのが面白い。

  いつも通る道からひとつ曲がれば、そこは知らない小路。
  直角に交わるような道路は少なくて、昔からの細道が迷路のように繋がっている。
  初めて通る道、古い家並み、小さな社。知らないお店が現れて、とても魅力的に感じたりもする。
  そこから抜け出ると、なじみの道路なのに、違った場所に来たような感覚に襲われる。


  1709_tsuboya_02

  1709_tsuboya_03

  1709_tsuboya_04

  1709_tsuboya_01


  写真は、ほそ道という場所でもないのですが、スペイン料理が美味しかったので。って、撮る前に食べ始めてしまったwオニオンスープ。パンも懐かしい味がして、とても良かった。お勧めしたい。


  以上、自転車もお勧めですって話ですが、車も多い割には道路が狭いのが問題なんですよね、、お互いに安心して走れるような環境が整えられれば!と思います。
  

    ではまた。






空襲警報

2017-8-30

  昨日、8月29日の朝、空襲警報が大音量で鳴り響いた。

  それは、暗い時代が始まると宣言する、間の抜けて馬鹿げたしかし重大なファンファーレだった。

    私には次のようなメッセージに聞こえた。


  1708_kuusyuu_01


    日本国民の皆さん、内閣総理大臣のアベシンゾーです。

    日本は北朝鮮からアメリカに向けて発射されたミサイルを迎撃、破壊しました。これは集団的自衛権の行使です。

    これをもって北朝鮮は日本に宣戦を布告。日本は北朝鮮と戦争状態に突入しました。

    政府は非常事態を宣言します。

    日本国憲法はこれを停止し、国民は政府の指示に従ってください。

    まさに一億総活躍の時がやってきたのです。私達は一億火の玉、全身全霊をもって敵と戦うのです。


  1708_kuusyuu_02


  アベ首相には戦争を回避しようという考えがあるのだろうか。

  それどころか、戦争の危機を煽り、自分の都合の良いように利用しているのではないだろうか。

  この人物が首相で居続けているという事実と、その理由を考えるだけで、真っ暗な気分になってしまう。


  ・隠れろ~
  1708_kuusyuu_03


   正に今、森友学園と加計学園の問題の追及を完遂させなければならない。

    そう思った次第であります。


      つづく。



夏の終わり

2017-8-26

  昼間は庭の木にとまったミンミンゼミが大きな声で鳴き、暑さを増幅させている。
  そんな日の夜。床につくと少しだけ開けてある窓からは、涼しい風と共にスズムシやコオロギ達の鳴き声が聞こえてくる。季節は確かに移り変わりつつある。

  自分のブログ記事を見返していて、ふと気付いた。夏らしい青空の写真が無い。
  それは、今夏は雨がちの天気が多かったからに他ならない。

 しかし、、
  山少年と山登りした時は、割と晴れていた。もしかして彼は晴れ男?
  そして、一人で自転車に乗ったのは曇り~雨の天気。もしかして私は雨男?
 

  1708_suika_01

  1708_suika_02

  1708_suika_03


    「この星はひんやりとして、実に具合がよろしいのです。」

      「我が輩は気付いた。地球は丸いのだと。」

        「かの王子は言った Good time never seems so good. 」


  ゆっくりと成長する空中スイカ。

  これを収穫するまでは夏ということにします。
  手作りの麻ひもネットから落ちるくらいに大きくなるだろうか。


  1708_seminuke


   ウチの庭からも蝉の幼虫が出てきているようだ。

    家の周りの生き物が増えてきているのを嬉しく思うこの頃です。

     ではまた。


   。  。  。


  <追記>

  その後収穫された空中スイカ。
  重さ3kg、包丁を入れると、はじけるように割れたとか。
  手前味噌ながら、、甘くて、実もしっかりしていて美味しかった!!!
  家族が、種をお腹で温めて発芽させたり、色々と面倒をみたおかげだろう。別の畑で育てていた同じスイカもやはり美味しかったな。品種は、、紅なんとか。種を取っておいたので、来年も育てられるかな?F1ではなく、在来の固定種だったはず。

  1709_suika_11

  1709_suika_12


   夏よさらば、また来年!




こわもて

2017-8-19

  どうにもすっきりしない天候が続いている松本平です。
  曇り、雨がちの日々。涼しくて身体は楽ですが、野菜や米、果物の生育にも影響が出ているとの事で心配されます。そして、晴れるとやっぱり暑い、、この暑さ例年以上? 良い加減でお願いしたい所です(wagamama)


  写真は、家の近くで見かけた昆虫達です。


  ・フタモンアシナガバチ 
   毎年春になると家の周り日陰の軒下など、よく通る場所に巣を作り始めるので、
   すぐに強制移動させてもらいます(スマン)。
  今までの所、刺されそうになった事はないです。

  1708_futamon



  ・ゴマダラカミキリ
   近くでは見かけることは少ないですが、今年は現れました(農作物の敵)。
   見た目、なかなか強そうな感じです。

  あっ、何をしているんだ!
  1708_gomadara_01

  1708_gomadara_03



  ・コガタスズメバチ
  この姿を見ると、身構えてしまう。
  市街地の真ん中で、歩道の植栽に生えたヤブガラシの花に何匹も集まっていた。
  おとなしい性格らしいが、すぐ近くを人が往来している。誰も刺されたりしなければ良いが。。

  1708_suzume_02

  1708_suzume_01


  何だか怖い記事になってきました。
  そう言えば、陸上の生き物よりも、海の生き物の方が見た目に強烈だと言う人もいる。確かにタコとかナマコとか最初に食べた人は凄いと思う。

  最後は癒し系で、、


  ・オオカマキリ
  毎年、家の周りのどこかに卵を産んでいるので、そこから出てきた一匹と思われます。
  まだ体長5cm程度の幼体。小さくても肉食です。成虫になるには厳しい環境を生き延びなければなりません。

  1708_kamakiri


  身近な昆虫シリーズ、まだ次回以降に続きます。


    。  。  。


  最近は雑談ネタを書いていませんでした。
  ですが、日々のニュースは従来と変わらず見ています。永田町、霞ヶ関の動きにより私たちの生活は大きく影響を受けるのですから、どうしても気になりますよね。身近な所では、消費税率、健康保険、年金など社会保障、、、より大きな所では、原発事故の収束、原発稼働停止、アメリカのいいなりを続けるのか、そして日本が再び戦争の出来る国になるのかどうか。

  そして今、こういった政策以前の問題も、大きく注目されています。
  行政は公平に遂行されなければならないのは当然の事なのですが、一部の人達が行政を私物化、オトモダチに便宜を図っているという疑惑です。疑惑と書きましたが、森友学園問題(国有地ほとんどタダで売却)や加計学園問題(補助金140億円の特区新設獣医学部選定方法、建設費水増し疑惑)の報道を見ていると、疑惑を証明する情報は出そろっていると思います。ただ、追求される側は、記憶にない、書類は破棄した、言っていない、知らない、とただ口先で言うばかり。重要人物の国会での喚問も拒否。
  こんな逃げを許したら、どうなりますか? 何をやっても知らぬ存ぜぬで済まされる前例を作ってしまう事になる

  アベ首相は、本人や首相夫人が関わっていれば、首相も議員もやめると言った(森友問題)。また、働きかけがあれば、責任を取る(加計問題)とも言った。進退に関わるほど重要な問題と認識しているなら、口先だけ丁寧にするのではなく、、って、態度が変わる訳ないな、と思います。
  週刊誌、フリーのジャーナリスト、前川前次官など、勇気ある個人が頑張っている。大手の新聞、TVはもっともっと頑張って欲しい。

  と、また脱線。脱線シリーズまだまだ続く?w 
  
   ではまた。





プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる