FC2ブログ

星に願いを

2019-11-8

  ある日のこと、
  ニュースで言っていたけれど、最近、月の近くに土星とか木星が見えるってよ? とのたまう人あり。

  それを聞いた私は、突然何を? 
   ふうーん、そうなの、、 とあまり興味が湧いてこなかった。
 

  翌日の朝、寝坊の耳に、なにやらガタガタやっている音が聞こえてきた。
  天体望遠鏡を納戸から引っ張り出してきて組立てていたようで、起きた時には完成していた。

  へえー、、久々の登場だね、と見てみれば、接眼レンズがついていないよ? 三脚の脚も伸ばさなきゃ、、
   ついでに、遠くの山を見ながらファインダーの調整、おお!よく見える!!
    などと言いながら、一応、準備が出来た。


  その日の夕方、6時くらいから観察が始まった。
  まずは、月を見てみよう。 これだけ大きいから余裕だね、、おお!よく見える!!
  考えてみれば、天体望遠鏡で夜空を眺めるのは初めてだったのだ。間近に見える月面の様子にちょっと感動。
   
  月のちょっと下にあるのが土星?どれどれ、、小さいけれど、リングが見えるじゃないですか!
   じゃ木星はどこ? ちょっと離れているけどあれかね?
    丸く見えるけど、縞模様はさすがに無理か。近くに見えるのは衛星じゃないの?
     え、どれ? 3つも光っているけど? あれがガニメデの少年の舞台か、話は忘れたけど。
  
   結局、大人の方が一生懸命で、子どもたちの方がふーん、、、という感じw

   折角だから写真に撮れないだろうか?
   デジカメをマクロモードにして、望遠鏡の接眼レンズに合わせると、ピント合いました。かなり無理して撮った写真を載せてみます。


  ・11月2日
  the moon

  ・11月4日
  the moon

  ・写真中央は 晴れの海 だそうです。
  the moon


  写真は、月表面のクレーターでフォーカスを会わせて撮ります。
  望遠鏡も揺れるし、大気によるものか、像もゆらゆらと揺れる感じで、鮮明に撮るのは難しかった。
  さらに、月は見ているうちに右方向に移動していくので、いちいち視野の中央に戻すのも手間だった。
  一眼+望遠レンズの方が綺麗に撮れそうですね。


    。  。  。


  月だけでなく、土星、木星まで簡単な望遠鏡で見えるなんて、以外と近かったのかと感じたし、月なんて、降りたって歩けるのではないかとさえ思いました。でも地球との間には真空の空間が広がっているんですね。38万kmの。
 
  月面のクレーターが明確なのは、水も大気もないから風化しないため。 
  月面は宇宙線が降り注ぐ、無機の世界だ。日なたは100度越え、日陰では-170度。

    生命を拒む世界。

  人類には地球しかない。と強く思えてくる。

  宇宙。
無数にある銀河。
    その中の一つ、さらに片隅にある太陽系。
    中心の星は重く、核融合によるエネルギーを周囲に放出する。
     周囲を巡る惑星。近すぎると灼熱、遠すぎると凍てつく。
      ちょうど良い所を回る地球。
       水と大気、太陽エネルギーを受けて繁茂する有機生命。
        人間もその一部。

  宇宙全体から見れば、人間なんてうたかたの夢、そのまた夢といったところだろう。

  科学技術の発展で、違った未来が拓けるかもしれない。
  でもそれだけではなくて、倫理的な面、精神的な面を高めていかなきゃ、という気がしてくるんですよね。


   ・土星、、シャッタースピードを短くしたいけれど、光が足りない感じです
  Saturn


   真空の中を移動する、土塊の球の上にいる事を思い出させてくれるので、
   たまには星空を眺めるのも良いものだと思いました。

     ではまた。

   





スポンサーサイト



夢うつつ

2019-9-8

  真夏の8月は過ぎ去ってもう9月なのですね。とはいっても残暑厳しい週末です。

  そして10月といえば、、消費税が10%になるらしいですが、本当なんだろうか?
  今この時期に消費税増税なんて言われても、どこの世界の話だろう?と思ってしまう。

   夢でも見ているのだろうか?


  ・ Zzzz,,,  立派なトラ縞だね
  Tigar!

  
  失われた30年は、景気回復の兆しが見える度に、消費税増税でその勢いを殺してきたのが一因と認識されています。GDPの約6割を占める個人消費を罰する税金を上げれば当然の結果です。
  さらに消費税は、大人から赤ちゃんまで負担能力に関わらず、食料品など生活必需品にすべて同じ割合でかかってくる、収入の少ない人ほど負担が厳しい逆累進性の人頭税なのです。
  
  税金の使い道を見てみれば、
  アメリカがふかっけた貿易戦争のおかげで中国からいらないといわれた遺伝子組み換えトウモロコシを数百億円買うとか、アメリカ製の兵器を何兆円も爆買いするとか、在日米軍に毎年2000億円、気前良すぎる海外への経済支援、そして天下り問題はそのまま、、、
  その一方で、国内の社会保障は縮小、遠ざかるばかりか小さくなる年金、、消費税以外でも増税ばかりで減る手取り。
  
  世界経済は景気後退入りが懸念されている。もちろん日本国内も。
  国内実質賃金は2012年から大きく低下、今も7ヶ月連続で下がり続けている。
  
    そんな今!消費税増税します!! 
     その結果日本経済が、庶民の生活がどうなっても知りません!!!

  と言われてもにわかには信じがたい。


  ・おいら達にゃあ関係のねえこって、、 果たしてそうだろうか?
  cat


  ・野良だしね、、  うん、そうかもな
  cat


  先日の参院選で、劇的な議席変化が起きれば、この消費増税もなかったかもしれない。

  でもそんな事は起きなかった。(変化はちょっとは有った。それを拡大させよう!)
  有権者の半分は投票にすら行かなかった訳だし。


  個人としては、これからは緊縮で行くしかない。
  物は最後まで丁寧に使う。 ダンジャリノンノンw!!(dokechi)


   買い物する時は、出来るだけ地元の店で買いたいね、とも思います。

     通販する場合も、出来るだけ国内企業から買いたい。

       海外通販するとしても、大手通販Aなどは使わない。



   そんな事を考えるこの頃です。 安さには負けそうだけどw

     ではまた。





大判小判もしくはまたたび

2019-7-28

  梅雨が明けて、予想通りの暑い日が続いています。
  熱中症予防が盛んに叫ばれるのを聞くと、出不精の私は益々でかけるのが面倒になってくるので、敢えて長距離ライドを画策するこの頃です。
  で、週末は、、やはり無理をしないで近場を走っていましたw それでも全身汗だく。

  今週もさらに暑くなる予報です。皆様どうぞご自愛くださいませ。


    。  。  。


  ある日、視野の片隅で黒い物体がうごめいているのに気が付いて驚いた。
  よくよく見ると、猫だった。

  最近、家の周りでよく見かける黒猫。野良だろうか。
  キジバト観察日記でも登場していた猫です。


  kuroneko


  何をしているのか? 寝転がって小枝に顔を擦りつけて、一人じゃれている。良いにおいでもするのだろうか?
  
  その姿を窓越しにじーっと見ている私。
  気付かれないのを良いことに、写真を撮らせてもらったw


  kuroneko


  その後の展開は以下の写真の通りです。

  台詞を想像しながらどうぞ。


  kuroneko

  kuroneko

  kuroneko


   覗かれたみたいでショック?
    この後、そそくさと走り去っていきました。

     また来て、庭にいるねずみを捕まえてくれないだろうか。。


     。  。  。

  
  さて、本題は参院選2019です。

  なんと言っても注目は れいわ新選組 でした。

  ここで繰り返して書く必要もないかもしれませんが、

  今年の4月に山本太郎氏が政治団体 れいわ新選組 を立ち上げ。
  参院選出馬の為に寄付を募り、集まった額は、4億円。この寄付金は、大企業からの大口寄付金ではなく、山本太郎に期待を込めて日々の生活から捻出されたお金との事。大企業や組織や権力を持つ者ではなく、普通のいち市民からの寄付が積み上がったのだと思う。

  そして参院選候補者は10名。
  こちらも大企業や労働組合などの組織からではなく、自ら障害を持ち、障害者自立支援活動をする人、元コンビニオーナーで、ブラックな仕組みを改善しようとする人、実際に雇い止めを受けた元派遣労働者、などなど、皆、それぞれの分野の当事者だ。

  生きづらい世の中を変えたい、、そう思ったら、選挙の投票に行って自らの一票を行使する。
  そうでなければ、既存政治家へのロビー活動もという手もある。
  じゃあ、自分が政治活動をする?選挙に立候補する?
  この10人の人達は、自ら立ち上がって世の中を変えようとしている訳です。世襲の政治家ではないのです。これは大変な事だと思います。その勇気を称えたい。

  山本太郎氏の言う、生産性で測られない世の中、誰でも生きていける世の中。良いと思う。
  
  太平洋戦争の末期に何があったかというと、飛行機による特攻、手榴弾を手に戦車に立ち向かえ、竹やり、吹き矢で戦え、捕虜にはならず自決せよ。
  今のアベ政治の行き着く先は、上記と同じで、税金を払えぬやつは、、、ですよ。

  この流れを止めたい! 別に止めたくないですかね?

  選挙の結果、比例で2議席を獲得!! 政党要件を持たない政治団体が比例議席を得たのは現行制度下で初めての事。
  さらに、政党要件も獲得し、政党となり、政治活動も広がります。

    まずは、当選して参院議員となった二人をめぐる状況に注目です。


      れいわ新選組、ずんずん応援しようと思うこの頃であります。
 


   最後に、今回の投票率は、48.8% 、、 過去2番目に低いとの事で、もったいない!!!

     あまりのもったいなさにおばけが出そうです。


       ではまた。




参院選2019

2019-7-9

   参院選です。 投票日は今月、7/21日曜日です!!!


  tsutsuji


  特に国政選挙の時は、何かこうなったら良いよね、といった雑談記事を書いてきました。
  でも、投票率が5割台だったり、選挙結果にがっかりして、やってられんわな、、という感じですね。


  今回の選挙はどのような意味合いを持つのかと言えば、やはりアベ政治6年半への審判です。
 
  大きな所から言えば、封建制度みたいな独裁者による私物化政治が良いのか、民主主義的、立憲主義的な皆の為の政治が良いのか、といった所だろう。私はもちろん、後者の政治制度のある国に住みたいと思っている。世襲の殿様の支配する、ごく一握りのグループが権力を握った世界なんてまっぴらごめんです。

  お次は政策について、、なのですが、アベ政権の6年半でその本質がはっきりしている訳です。嘘、欺瞞、騙しが満ちあふれている。何か良い事を言ったって、信用出来ないんです。政策以前にNGです。


  ですが明確に進めようとしている政策のひとつは、

    8%から10%への消費税増税です。


  ayame

 
  例えばサラリーマンを想定すると、給料から、所得税、住民税、介護保険料、雇用保険料、健康保険料、厚生年金保険料などを差し引かれて、手取りとなりますよね。これだけも、うっわ、、という感じです。
  そして、上記色々差っ引かれて残ったその手取りから生活の為の品々を買う時にも、また税金を支払えというのが消費税です。

  収入を得ると税金。それを使うときもまた税金。これは二重取りされているという事だ。

  しかも消費税率は一律で決まっていて、生活必需品にも同じようにかかる。
  大金持ちでも、こどもが駄菓子屋でおやつを買う時も、赤ん坊が飲むミルクを買うのにも同じ税率だ。


  tsutsuji


   消費税は人頭税と言える。

  人頭税は老若男女、負担能力を問わず、だれでも同じ金額の税金をかける。
  従って、収入が少ない人ほど負担が厳しくなる、金持ちほど負担が軽い、逆進性の非常に強い税金だ。
  これはすなわち、格差を固定・拡大する税金でもあり、すなわち少子高齢化を促進する原因のひとつだ。 
  日本の失われた20年はもうすぐ30年になろうとしているが、GDPの6割を占める個人消費を冷え込ませる消費税導入により始まったという話もよく耳にする。


  人頭税は1980年後半にイギリスで導入され、その逆進性の高さから不満が爆発、大規模な不払い運動や暴動にまで及んだ。 人頭税を強行導入したサッチャー首相は、その座を追われ、次のメイジャー首相はすぐに人頭税を廃止した。

  この時は、16歳以上の家族の人数で税金が決まったというが、日本の消費税は日常の食品まで一律同じ税率であり、0歳の赤ん坊まで税負担をしなければならないといえる。
 

  消費税は減税、生活必需品は税率0%にすると良い。
  穴埋めは、まず税金の無駄使いをゼロにする。累進課税を消費税導入前に戻す。大企業にはきっちり税金を払ってもらう。アメリカ製の兵器の無駄買いをやめる。
  
  消費税による税収が増えても、その分、法人税と所得税が減税されていて、トータル税収は同じ。つまり、消費税は法人税と所得税減税の穴埋めになっている。これは皆様ご存じの通りです。

  
  koabu


  
  選挙区では自民公明の与党候補と野党側の統一候補の闘いとなっている。
  自分はもちろん野党を応援という事になる。

  比例区では、新しい政党が目を引いている。

     山本太郎のれいわ新選組 これは応援したくなるな。 

       政権放送はこちら(youtube)。 興味深いです。



   そう、30年前は消費税は無かったんだよね。。

      
     ではまた。




戦争とは

2019-5-19

  今回は久しぶりに雑談です。

  元号が変わった後の、妙に不自然な賑やかさがようやく収まってきたかな、、というこの頃です。

  私にしてみれば、新元号はアベ首相が先導して決めたというのだから、日本を壊す男が政権維持の為に、何でも私物化、政治利用した一例だとしか思えず、メディアでその二文字を見るたびに気分がだだ下がり。、、袈裟までなんとかと一緒。

  元号が変わって新時代云々という、明るい展望があるような表現を目にするが、現状を見れば全く腑に落ちない。
  経済は失われた何十年と言われるように停滞そして悪化の局面へ、増税に次ぐ増税、年金など社会保障は縮小、深化するアメリカ隷従、これで憲法まで改悪・破壊されてしまったら、悪い意味での新時代の幕開けとなる。

  と心配される所、
  北方領土を取り戻すには「戦争しないとどうしようもなくないですか」と、
  大問題発言が日本維新の会の 丸山穂高 衆院議員から飛び出した。酔っていたとの事で、本音が出たのだと思われる。


  ・2019/4/28の環水平アーク 電車の窓から
 icebow


  戦争とは何だろう?

   戦争とは、私が異国へ行って、兵隊を、そこで暮らす人々を銃撃する事だ。

    突撃!の号令と共にときの声を上げながら、塹壕を飛び出して敵と呼ばれる人達に向かっていく事だ。

    戦争とは、大切な家族が友人が、空襲による火の海の中を逃げまどうことだ。

     戦争は、人間を狂気に駆り立てる。

      私を人間ではない物に変えてしまう。



  sunset


  その太平洋戦争の反省から、今の日本国憲法が制定された。

  日本国憲法の素晴らしいところは平和を目指している点だ。憲法前文には、

    政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意

  と書かれ、そして九条には、

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

  2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

  この平和指向は争いの絶えない世界において、奇貨といえる。
  世界のならず者国家であるアメリカは、日本の自衛隊も手足として使いたい。だからアベ政権は集団的自衛権を認めると言ったり、戦争法案を強硬採決して、この平和憲法を骨抜きにしようとしている。これは絶対に許されない。


  ・日暮れて道遠し
  sunset


  今、日本は負け続けています。
  例えば、国内では財源が足りないと言って社会保障をどんどん切っていく一方で、アメリカからは欠陥だらけの戦闘機を6兆円も買う、アメリカの為のミサイルシステムを買う、株価維持のために年金原資を使い続けるなど、、アメリカに対して負けている、そんなデタラメをやるアベ政権、与党自民公明に負けている。

  そして気が付けば、日本は戦争が出来るようにならねば、という議員が大勢いるのではないか。それに気付かせてくれたのが、今回の丸山議員の発言だ。専守防衛逸脱するような自衛隊の装備増強とも符合する。


  sunset

  
  経済も社会保障も、外交も、原発事故とその収束と、この敗戦処理なんてだれもやりたくないのだろうか?
  それでも早く政権交代しないと、キズは深くなるばかりだ。

  この夏の参院選、長野県区では、野党側候補者を一本化するとの事。反アベ政権で複数候補を避けるという点で嬉しいニュースだ。細かいところで政策や考え方の違いはあろうが、良い方向と考える。

  だんだん釜の湯温も上がってきたようだが、先日の統一地方選での投票率は40台%で非常に心配される。

   投票率が上がるよう地道に呟いてみようかと思うこの頃であります。


    ではまた。


  P.S 今回は2,3行だけ雑談ネタで前書きをして、自転車の話題となるはずが、一度書き出したら止まらなくなりましたw 次回はpugsleyの話となる予定ですのでご容赦。
  
  P.P.S 環水平アーク、逆さ虹。初めて見ました。電車で移動中のため、満足するような写真を撮れなかったのが残念です。これを目にして最初に考えた事は、天変地異がおきないだろうな、という心配でした。吉兆とはとても思えませんでした。心配症かもしれませんw



プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる