FC2ブログ

参院選2019

2019-7-9

   参院選です。 投票日は今月、7/21日曜日です!!!


  tsutsuji


  特に国政選挙の時は、何かこうなったら良いよね、といった雑談記事を書いてきました。
  でも、投票率が5割台だったり、選挙結果にがっかりして、やってられんわな、、という感じですね。


  今回の選挙はどのような意味合いを持つのかと言えば、やはりアベ政治6年半への審判です。
 
  大きな所から言えば、封建制度みたいな独裁者による私物化政治が良いのか、民主主義的、立憲主義的な皆の為の政治が良いのか、といった所だろう。私はもちろん、後者の政治制度のある国に住みたいと思っている。世襲の殿様の支配する、ごく一握りのグループが権力を握った世界なんてまっぴらごめんです。

  お次は政策について、、なのですが、アベ政権の6年半でその本質がはっきりしている訳です。嘘、欺瞞、騙しが満ちあふれている。何か良い事を言ったって、信用出来ないんです。政策以前にNGです。


  ですが明確に進めようとしている政策のひとつは、

    8%から10%への消費税増税です。


  ayame

 
  例えばサラリーマンを想定すると、給料から、所得税、住民税、介護保険料、雇用保険料、健康保険料、厚生年金保険料などを差し引かれて、手取りとなりますよね。これだけも、うっわ、、という感じです。
  そして、上記色々差っ引かれて残ったその手取りから生活の為の品々を買う時にも、また税金を支払えというのが消費税です。

  収入を得ると税金。それを使うときもまた税金。これは二重取りされているという事だ。

  しかも消費税率は一律で決まっていて、生活必需品にも同じようにかかる。
  大金持ちでも、こどもが駄菓子屋でおやつを買う時も、赤ん坊が飲むミルクを買うのにも同じ税率だ。


  tsutsuji


   消費税は人頭税と言える。

  人頭税は老若男女、負担能力を問わず、だれでも同じ金額の税金をかける。
  従って、収入が少ない人ほど負担が厳しくなる、金持ちほど負担が軽い、逆進性の非常に強い税金だ。
  これはすなわち、格差を固定・拡大する税金でもあり、すなわち少子高齢化を促進する原因のひとつだ。 
  日本の失われた20年はもうすぐ30年になろうとしているが、GDPの6割を占める個人消費を冷え込ませる消費税導入により始まったという話もよく耳にする。


  人頭税は1980年後半にイギリスで導入され、その逆進性の高さから不満が爆発、大規模な不払い運動や暴動にまで及んだ。 人頭税を強行導入したサッチャー首相は、その座を追われ、次のメイジャー首相はすぐに人頭税を廃止した。

  この時は、16歳以上の家族の人数で税金が決まったというが、日本の消費税は日常の食品まで一律同じ税率であり、0歳の赤ん坊まで税負担をしなければならないといえる。
 

  消費税は減税、生活必需品は税率0%にすると良い。
  穴埋めは、まず税金の無駄使いをゼロにする。累進課税を消費税導入前に戻す。大企業にはきっちり税金を払ってもらう。アメリカ製の兵器の無駄買いをやめる。
  
  消費税による税収が増えても、その分、法人税と所得税が減税されていて、トータル税収は同じ。つまり、消費税は法人税と所得税減税の穴埋めになっている。これは皆様ご存じの通りです。

  
  koabu


  
  選挙区では自民公明の与党候補と野党側の統一候補の闘いとなっている。
  自分はもちろん野党を応援という事になる。

  比例区では、新しい政党が目を引いている。

     山本太郎のれいわ新選組 これは応援したくなるな。 

       政権放送はこちら(youtube)。 興味深いです。



   そう、30年前は消費税は無かったんだよね。。

      
     ではまた。




スポンサーサイト

戦争とは

2019-5-19

  今回は久しぶりに雑談です。

  元号が変わった後の、妙に不自然な賑やかさがようやく収まってきたかな、、というこの頃です。

  私にしてみれば、新元号はアベ首相が先導して決めたというのだから、日本を壊す男が政権維持の為に、何でも私物化、政治利用した一例だとしか思えず、メディアでその二文字を見るたびに気分がだだ下がり。、、袈裟までなんとかと一緒。

  元号が変わって新時代云々という、明るい展望があるような表現を目にするが、現状を見れば全く腑に落ちない。
  経済は失われた何十年と言われるように停滞そして悪化の局面へ、増税に次ぐ増税、年金など社会保障は縮小、深化するアメリカ隷従、これで憲法まで改悪・破壊されてしまったら、悪い意味での新時代の幕開けとなる。

  と心配される所、
  北方領土を取り戻すには「戦争しないとどうしようもなくないですか」と、
  大問題発言が日本維新の会の 丸山穂高 衆院議員から飛び出した。酔っていたとの事で、本音が出たのだと思われる。


  ・2019/4/28の環水平アーク 電車の窓から
 icebow


  戦争とは何だろう?

   戦争とは、私が異国へ行って、兵隊を、そこで暮らす人々を銃撃する事だ。

    突撃!の号令と共にときの声を上げながら、塹壕を飛び出して敵と呼ばれる人達に向かっていく事だ。

    戦争とは、大切な家族が友人が、空襲による火の海の中を逃げまどうことだ。

     戦争は、人間を狂気に駆り立てる。

      私を人間ではない物に変えてしまう。



  sunset


  その太平洋戦争の反省から、今の日本国憲法が制定された。

  日本国憲法の素晴らしいところは平和を目指している点だ。憲法前文には、

    政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意

  と書かれ、そして九条には、

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

  2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

  この平和指向は争いの絶えない世界において、奇貨といえる。
  世界のならず者国家であるアメリカは、日本の自衛隊も手足として使いたい。だからアベ政権は集団的自衛権を認めると言ったり、戦争法案を強硬採決して、この平和憲法を骨抜きにしようとしている。これは絶対に許されない。


  ・日暮れて道遠し
  sunset


  今、日本は負け続けています。
  例えば、国内では財源が足りないと言って社会保障をどんどん切っていく一方で、アメリカからは欠陥だらけの戦闘機を6兆円も買う、アメリカの為のミサイルシステムを買う、株価維持のために年金原資を使い続けるなど、、アメリカに対して負けている、そんなデタラメをやるアベ政権、与党自民公明に負けている。

  そして気が付けば、日本は戦争が出来るようにならねば、という議員が大勢いるのではないか。それに気付かせてくれたのが、今回の丸山議員の発言だ。専守防衛逸脱するような自衛隊の装備増強とも符合する。


  sunset

  
  経済も社会保障も、外交も、原発事故とその収束と、この敗戦処理なんてだれもやりたくないのだろうか?
  それでも早く政権交代しないと、キズは深くなるばかりだ。

  この夏の参院選、長野県区では、野党側候補者を一本化するとの事。反アベ政権で複数候補を避けるという点で嬉しいニュースだ。細かいところで政策や考え方の違いはあろうが、良い方向と考える。

  だんだん釜の湯温も上がってきたようだが、先日の統一地方選での投票率は40台%で非常に心配される。

   投票率が上がるよう地道に呟いてみようかと思うこの頃であります。


    ではまた。


  P.S 今回は2,3行だけ雑談ネタで前書きをして、自転車の話題となるはずが、一度書き出したら止まらなくなりましたw 次回はpugsleyの話となる予定ですのでご容赦。
  
  P.P.S 環水平アーク、逆さ虹。初めて見ました。電車で移動中のため、満足するような写真を撮れなかったのが残念です。これを目にして最初に考えた事は、天変地異がおきないだろうな、という心配でした。吉兆とはとても思えませんでした。心配症かもしれませんw



辺野古

2019-3-5

  2019年が始まったのはつい先日、と思っていたらもう3月。日々が過ぎていくのがとても早く感じられる。
  今冬を振り返ってみると、雪がかなり少なかった。それでも、何度かは自転車や山歩きなど行くことは出来て良かったとしておこう。

  しばらく雑談ネタを書いていませんでした。
  でも、日々の政治ニュースなど、ほとんど毎日フォローしています。
  気になる個別の話題について書こうと思っているそばから新たな問題発覚して、書きそびれる。沢山有り過ぎ。それ以外にも、内容の酷さに脱力、ってのもありますね。諦めている訳ではありません。

    。  。  。

  今の日本で、一番の問題は何だろう?
  自分的には戦争の無い、平和・共生の社会、普通に働いて食っていける世の中が良いと思っているので、それと全く反対に進んでいる点が大問題ですね。

  では何故そうなのかって事ですが、それは現アベ政権および与党自民党、公明党が戦争を出来る国にとか、弱肉強食の社会にする政策を進めているからで、そのまんまです。
  
  原発政策ひとつにしても、東京電力の福島原発事故にふるさとを奪われ続ける人達を助けない。放射能に破壊される人間関係と健康。放射能汚染源となっている原発事故の収束、廃炉は見通し立たず。それでも原発再稼働。再生エネルギーには送電線を使わせない。
  少子高齢化に対策打たずに、労働環境の改悪で拍車をかけて、外国人労働者を増やしてトドメを刺そうとしている。
  憲法を破壊、国会・民主主義を破壊、報道の破壊、最近では行政の破壊。まったくの破壊者だ。さすが、自分は権力の頂点にいるとか、森羅万象を担当とか、私が国家とか、ついポロリと言葉に出てしまうだけの事はある。もちろんこれは全くおかしな虚言であり、行政の長は独裁権力者ではなくて全体への奉仕者でなくてはならない。


  ・何故か最近になって鳥たちが庭にやって来る つぐみ
  Tsugumi


  もうひとつの大問題は、先の敗戦から始まり今に続く、日本の対米従属、対米軍従属だと考える。
  そして、何故その状態が継続されてきたのか。変化の気配も見えないのか。アベ政権の存続を許している理由も同じだろう。

  これは、米軍基地のある所で、良く分かる。
  事故率の高いオスプレイが日本各地を飛び回るようになった。アメリカ政府要人は米軍基地を通って日本に出入りする。横田基地周囲を避けて飛ぶ日本の旅客機。米軍関係者による日本国内での犯罪は日本で裁判されず、基地騒音被害の賠償金は日本の税金で支払われている。日本の主権はどこにある。

  そして沖縄、
  現在、辺野古に米軍基地新設を強行するのは、アメリカではなくて日本のアベ政府。
  その費用2兆5000億を日本の税金で負担して、工期は超軟弱地盤により13年とも不可能ともいわれる。

  普天間返還のために、と言うが、嘘と騙しの政府の言うことはまともに取り合えない。それに工期13年では全く遅い。
  それに新基地を作れば、さらに長期に渡り基地が固定化、存続される事になる。
  海兵隊は国外移転することで普天間は返却、そうするしかない。そもそも日本国内に米軍基地を作ること自体がおかしい。敗戦後の占領時代が続いているようではないか。

  2019-2-24辺野古米軍基地建設のための埋立て是非を問う沖縄県民投票が行われ、投票率52%、その72%が反対の意志を示した。
  これに対してアベ政権は、結果を真摯に受け止め、、と言いながらやっているのは、投票の翌日から土砂の投入工事を行い、反対の抗議をする市民を強制排除するという暴挙だ。こんな民意の無視を許してはならない。


  ・周囲を警戒 ヒヨドリが接近?
  Tsugumi


  辺野古県民投票は、沖縄出身の元山仁士郎さんが、大学に休学届けを出して、『辺野古』県民投票の会」の代表として積極的に活動を行い、県民投票条例を成立させたそうだ。しかし、うるま市・宜野湾市・沖縄市・宮古島市・石垣市が不参加とした(これもおかしな話。費用は県が負担)。これに対し元山さんは一人でハンガーストライキを行い(ある意味命がけです)、県民投票を訴えた。結局、選択肢を三択に変更する事で、何とか実施にこぎ着けた。この行動力に大拍手を贈りたい。


  本ブログでも紹介した、アメリカ政府への辺野古埋立中止の署名を始めたロブ・カジワラさん。県民投票前の埋立反対のイベントに参加するために来日した。その際、入国時に大阪入国管理局関西空港支局によって2時間ちかく拘束されていたというのだ。
  関西空港での入国審査時に、別室に連れて行かれた。係官からのどういうイベントに参加するのかの質問に、何度答えても、執拗に同じ質問を繰り返し聞き続けたというから、何かの嫌がらせ、脅しとしか思えない。この状態からは、カジワラさんの知人経由で照屋寛徳衆議院議員に連絡を取り、議員が入管に電話をしたことで解放されたという。
  こうやって、政府に反対する個人に対して圧力をかけるやり方は陰湿だ。そういう知恵はアメリカからの独立に使えばよいではないか、と思う。


  ・今の時期はエサが見つからないのだろうか?この後飛び去っていった
  Tsugumi


  ではどうするのかといえば、野党を応援して、次の参院選、衆院選では反自民の議席を大幅に増やせるようにするしかない。そして政権交代をしていくしかない。

  消費税増税を突然やめたり、外交で何かのまぐれで上手く進む事があったり、元号が変わって賑やかな雰囲気になったりしても、騙されてはいけない。アベ政権の本質は何も変わらない。国を破壊してでも今だけ、金だけ、自分だけ。

  国会答弁も嘘、賃金統計も嘘、GDPも嘘。これなら、内閣支持率が嘘でも全く驚かない。
  その次は選挙結果は嘘じゃないの?という疑問が持ち上がってくる。

   早く政権交代しないとさらに大変な事になりそうです。

    オチ無し!


      ではまた。


成長する都市

2019-2-4

   いよいよネタ切れ感の増す今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。
   そんな事より、インフルが大流行中です。私の周りでも発症している人がいて、何だか体調今イチな日々です。ウイルスはとっくにもらっていて、あとは堪えきれるかどうかの闘いという感触。頑張れマイ免疫!いやだから早く寝たほうが、、ネタ切れなだけにね、、

  今回は、先日、珍しく東京方面へ出かけた時の写真です。

  用事の途中で、江戸城趾に行ってみました。中を歩いて天守台など見てこようと考えていたのですが、閉まっていました。。
  仕方が無いので、歩けるところを歩いてきた次第です。大手門、桔梗門、坂下門、、皇居正門、二重橋、、皇居外苑というのでしょうか、初めてだったので、良かったとしておこう。


  ・富士見櫓
  Tokyo growing

  ・東京のど真ん中にこんなに広いスペースがあるのです
  Tokyo growing


  東の方を見れば高層ビル群がそびえ立ち、スカイスクレイパーの名の通り、空を削るかのような姿。(摩天楼ってのはなんでしょうか、ロマン的な表現です) そして西には200年前の城郭が現存するというコントラストが良い。

  毎日、信州の山々を眺めている私だが、人間が作ったこのビル群もなかなかの姿だと思えてくる。
  このビルひとつひとつを自分の脚で登頂したら、登山とは違うけれど、都会のおもしろさになるのではないだろうか。私は落っこちそうな屋上のその上とかは行かなくて良いです。ルーファーという人達もいるようですけれど。

  →YoutubeでRoofer、Roofingで検索すると、出てきます。見ている方が怖いw

  
  ・快晴! 観光客、親子連れ、、割と空いていました。
  Tokyo growing


  立ち並ぶビルを眺めていて感じる事は
  これは人工物ではあるけれど、一歩引いてみれば、自然ともいえるのではなかろうか?蟻の巣、蜂の巣を自然と呼ぶのなら、人工物はどうだろうか。
  そしてこのビル達は成長していくのである。


  ・成長開始です
  Tokyo growing

  ・かなり大きくなった。競争しているようだ
  Tokyo growing

  ・最終形に到達
  Tokyo growing

 
  このようなビルの中を自由に探検出来たらそれまた面白いのではないか、と妄想してしまう。


    。  。  。


  東京でまた一部買いました。BIG ISSUEです。
   のらねこボブ。
  良いこと書いてあります。あそこにいるのらねこミミに似ているな。冬は大変。。

  The Big Issue


   気合いを入れて養生して、インフルに負けないように頑張ろう。

    ではまた。




辺野古埋立反対の署名 1月7日まで!→まだ継続中!!

2019-1-6

   突然ですが、お知らせです。

  今、沖縄の辺野古では、青く美しい海を埋め立てて米軍基地が新設されつつあります。沖縄県の民意にも全く反しているし、そもそも何で他国軍の基地を新設するんだ?と思う訳です。普天間の危険性を無くすには、海兵隊をグアムなど別の場所に移動すれば良いと言われています。

  この埋立に対する反対署名集めが今行われています。

  この署名は、通常と異なる点があります。
  それは、この署名がアメリカのホワイトハウス宛て、つまりアメリカの署名制度に従って行われていて、10万筆を越えると、この内容について検討し結果を公表しなければならないという事です。

  現在、既に10万筆は越えているのですが、辺野古の問題をより強くアピールするにはさらに多い署名数が望まれます。

  下記ページを開いて、(リンク)
  https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

  画面右にある入力BOXに、名前(アルファベットで)、メールアドレスを入力して、Sign Now ボタンを押します。

  すると、記入したメールアドレスに確認メールが届くので、そこでリンクをクリックすると署名完了となります。
  
  私も遅まきながら署名しました。

   自然を破壊して米軍基地をつくりたくない、アメリカの戦争に加担したくない、
    日本はアメリカから自立しなければならない、と考える方は署名してみてはどうでしょうか?

   もちろん、どんな結果になるかは分からないし、何も変化しないかもしれない。でも、少しでも力にならないかと考えます。

      またもやのキリギリ、、のお知らせでした。

        ではまた。

  <追記>
  タイトルに記載しましたが、1/7以降もまだ署名可能との事です。
  アメリカ政府が検討結果を出すまでは署名できるのだそうです。しかしトランプ大統領はこの署名制度を無視しているらしい。。

  アメリカでは辺野古基地問題なんて知らない人も多いらしいので、署名は決して無駄にはならないと思います。

  今、映画で話題となっているクイーンのギタリスト、ブライアン・メイの呼びかけで署名数増加中!! 

   では。



プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる