FC2ブログ

怪しいMTB?

2011-6-12

  美ヶ原ヒルクライムの1週間前という事で、今日も本コースで練習だ。乗っているのはMTB。
  TTなので、それにどうせいつも一人旅なので、ペース配分が重要となる。しかし、最初の激坂は普通に上るだけで限界に近くなるし、後半はグダグダだし、実力自体を上げないとなんともならん、、というのが実際の所だ。タイムを短縮したい!でいつも思うのは、最後の平坦部など数人でも集団で行けると違うのだが。実際は、たまにロードで近いスピードのライダーがいても後ろに付いたあと、アタック?をかけてくる。そのあと大体追いつく事が多いのだが。。MTBがキライな人だったのか。ま、自分自身がスピードアップせよ、という事だ。

  さて、帰ってきてコンビニで補給をしていると、ハンドル左端から何かピンクの物体が飛び出しているのに気がついた。一体なんじゃこれ??? 上りで苦しんでいた時も、下り坂で全開走行していた時もこれが風になびいていたと? 

  ・ピンク風船w
  pink2

  左側なので、すれ違う自転車からは見えなかったと思うが、、追い越した人がじっとこちらを見ていたような気もする。こんないたずらをするのは、一人か二人だ!コラ!!

  いやまてよ、、本番もこのまま走れば良いかもしれないぞ。と思い直している今である。



スポンサーサイト

ロード初乗り

2011-6-8
 これを書いている今は6月。そしてロード初乗りに行ってきたのは、1ヶ月以上前だったか。。
 その日は朝まで雨が降っていたので、山道は雨でウエット、トレイルへダメージを与えるのでこんな日はロードを試してみようと乗ってみた。雨あがりの空は花粉も少なく快適。
 行き先はまた塩尻方面。ロードは今年初めてなので最初はインナーで回して様子見。ブラケットでのポジションはまあ普通で、乗りにくいという事は無い。ブラケットで立ちこぎすると、ハンドル幅の狭さに慣れずに不安定。さらにドロップ部を持ってダンシングするとさらに不安定、というかまともに漕げていない感じ。。ステムをもう少し伸ばしたい。このポジションでもがくにはどうすればいいんだっけ??とても出来る感じがしない。カラダは、忘れてしまったw。
  それでも舗装路を速度を上げて走る事が面白い。タイヤと地面の接地はごく細いラインのみ。氷の上をスケートで滑る感覚にも似ている。MTBとは全く異なる。
  そしてやはりロードはスピードが出る。緩い下りでもすぐに40キロオーバー。60キロを超えると空気の中を進んでいく感覚が新鮮。しかし逆に緩いのぼりでもすぐに遅くなるorz。スピードの変化が大きくなってしまう。シフトも頻繁にする必要。。というか、早い速度を維持出来ない。MTBでの遅いのが普通な事、スピード変化が少ない事に慣れてしまっている。
  それにギヤ比の選択も難しかった。重くて回転数が落ちてもタイヤの抵抗が小さいため走れてしまう事や、乗り慣れていないため、最適なギヤをすぐに選択できない事が問題なのだろう。カラダは、忘れてしまった!

  きんぴら工房さんちを横目に、今日は寄らずに通過。洗馬を抜けて朝日村へ。ここで川沿いの道を下って戻ってくる。で、ここのアスファルト表面がひび割れ状態で、振動に悩まされる。ここはルーベへの道か! Fフォークはカーボンで割と吸収してくれるのだが、それでも、ひび割れ部分を走ると、ブー というかガーーー っという音、振動。手のひらが痛い(OGKのうすうすバーテープもある)。さらには曲がる場所を間違えて、気が付くと再び洗馬に向かっていたw。ここどこ?状態に。 山並みを見ながら適当に走り続けるのも面白い。しかし道路が悪くて、ガーーー、ガタガターetcでもうたまらん。我慢大会みたいだ。北海道ではこんな悩みは無かったと記憶している。ロード乗りの人は根性ある、と思わざるを得ない。道悪いよ、この辺。市街地も郊外も。途中少しだけ走った19号は舗装したてで快適。車が多いので危険だが。再び山麓線に戻り、中山経由で帰宅。同じ時間を走っても、ロードだと疲れが少ない。慣れていないためか、追い込めない感じ。うまく言えないがMTBとは違った。速く走りたくなる。というか、速く走らなければ、というストレスもあるか? 乗る時間を増やさないとダメだとは思うが、次回はもっとスムーズに走れるようにしたい。



プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる