FC2ブログ

変わりつつある日本

2013-5-30

  今また日本は転換点にいると感じている人は多いだろうか。

  なりゆきで現在の政権勢力が維持されると、世の中は大きく変化してしまうと、私は感じている。いち庶民である自分にとっては、悪い方向に。既にその変化は始まっていると。

  普通に頑張って仕事をして食っていける、そして安心して暮らせる、そんな社会であって欲しい。そう思う。
  競争は必要だ。だけど、競争で勝つことが全てになってはいけないと思う。

  安心して暮らせるには、身を脅かすような危険が無い事。平和であること、戦争しない事。

  戦争にかり出され、自らの意志に反して、町を破壊し人間を殺す。最悪の理不尽さ。
  あの国は大量破壊兵器を保有し、アメリカの脅威である。だから思いやりの国である日本も応援の兵隊を送るのだ。集団的自衛権を行使する。そして徴兵制度を再開しよう。赤紙一枚で戦場に送られる世界。

  そして原発事故は戦争に等しいものだと思う。
  福島原発事故が収束出来ていない今は、ある意味、戦時である。放射能による健康被害、情報統制、大本営のようなメディア報道、意見の違いにより分断される家族、人々。



  現在の政権与党、自民党が進めている事は、

・原発再稼働へ。さらには原発を海外へ売り込み
 (tak:福島原発事故の被害者を救済せずに、事故原因を究明せず、収束もできず。核のゴミの処分方法も無し。核エネルギーを利用してはいけない! 
  日本では新規原発建設はもう出来ない(と思っていないかもしれないが)。日本とアメリカの原発製造企業と関連組織の皆様のために、国内で起きた原発事故を省みずに原発を世界に広げる、核廃絶の反対を行く、のセールスマンだ。核技術を進んで拡散するな!)


・TPP交渉参加、TPP参加したい
 (tak:TPPは企業の権利を、国の法律よりも上に置く事(但しアメリカは例外)。全く異常な制度、かつ不平等条約であり、許してはならない。企業の金儲けが国の形を壊す事になる。農業は大ダメージ。それだけでなく、医療、金融、日本人のための諸制度が、海外企業のビジネスの妨げになるとして改悪される。そこには人の安全、安心は無く、企業の利益追求しかない)

・憲法改変 自民党の改憲草案によると
 憲法は権力者をしばる物であるのだが、国民を縛る物に変える。基本的人権や表現の自由は、公益と公の秩序(時の政権が判断する)に反しないかぎり、許される。そして戦争の出来る国にする。
 (tsk:現在の平和憲法で何の問題も無い。権力者に都合の良い物に改悪してはいけない!)

 
・集団的自衛権の行使
 (tak:戦争するな。戦争は破壊と憎しみの連鎖を起こすのみ。ましてやアメリカの戦争のために)

・マイナンバー制度導入
 (tak:こんな便利なもの、どんな風に使われるか想像に難くない。)

・米軍基地建設問題

・消費税増税

・解雇しやすく、ホワイトカラー残業代0円化、限定正社員という名の非正規雇用導入したい
 (tak:大企業経営者の為の政策ばかりだ。企業献金が政治を歪めている)

※書き漏れている事もあるが、よくもこれだけの事を次々と進めようとするものだ。


  安倍自民党は、戦前の日本を、戦争の出来る国を復活させたい。国民を国家の管理下に置きたい、言うとおりに従わせたいのだ。そして対米従属は続けたまま。自衛隊は米軍の一部隊として使われる。

  そんな事になるわけが無い、と思うだろうか?
  すぐにはならないかもしれない。しかし、過去を振り返れば日本は戦争をしていたのだ。国会議員が、与党が、首相がそう考えているのだ。その与党が今夏の参議院でも多数議席を取り、次の衆院選まで3年間、長期政権となったらどうだろう。この動きを止められる政党、勢力はあるか?民主、みんな、維新 みな同じ穴の狢だろう。
  
  国民が反対活動デモをやれば、警察に圧力を受け、下手をすれば逮捕される事だってある。政治家はデモなんて無視すれば良いと思っている。
 追記:それでも、政府、政治家や官僚にアピールし、知らなかったという人にもアピールし、同じ意見を持つ人が連帯するために、デモは効果があると考える。

  戦争をしたくない、安心に暮らせる今の日本を壊したくないと思う人は次の参院選どこに投票したら良いか。
 自民党とその仲間達が過半数、ましてや2/3の議席を取ると、上に書いてある事がさらに進められる事になるだろう。

  選挙でどこへ投票するか。それには普段から、各政党が示している政策を良く知っておく必要がある。

  選挙期間が始まってから考えるのでは全く遅い。なぜなら、各選挙区の候補者は耳障りの良い言葉を並べるばかり。そして候補者自身の意見はあなたの意見と合うかもしれない。しかし、当選すれば、自信の意見と違っても党の方針に従わなければならない。さらに選挙期間中になると、選挙違反になるのか知らないが、厳しい批評はあまり見られなくなる。ネット選挙解禁になっても大きくは変わらないだろう。

  だから、選挙が始まるまでに、情報を吟味して、どのように投票するか考えておかなければならない。
 重要なのは情報の入手先、、TVや大手新聞には騙されないように、ネットを活用するしかない。

  さらに言えば、自分が良いと思う政治家、政党へ投票する。ある種のお任せ政治で良いのだろうか、という疑問はいつも抱いている。

  日本はどこへ向かっていくのか、、私が心配しすぎなだけなら良いのだが。
  

  以上、雑談雑文失礼致しました。



 次回、自転車の話題は、山の中で柔道? について!

スポンサーサイト



GWライド&山歩き

2013-5-20

  GW後半も連続して仕事日だった。それでも最後の一日だけは休めた。一週間以上のブランクの所為か、疲れているのか調子は今ひとつ。気乗りのしない日ではあったが、この日乗らねばGWは終了で、また一週間後になってしまう。ええーっ自転車いくのー?行かないでぇーーと家族に引き留められる。。すまん皆の衆、早めに帰ってくるから、と言い残し、家を出る。

  ビーナスラインの扉峠茶屋から少し下りた辺りで、道路脇から山道を登り始める。1650mから1780mの尾根上まで、やや急なスイッチバックが続く。石がごろごろしていて、歩きにくい。上に着くと展望が開け、これから進む尾根が北へ、茶臼山へ向かって伸びているのが見渡せる。下を見ると、茶屋の赤や黄色の屋根が鮮やかに見えている。

  
  ・頂上は見えていない
  1305chau_09

  
  道は凸凹も石も少なく歩きやすい。アップダウンを繰り返しながら尾根を進んでいく。
  前半では、西側のよもぎこば林道側の斜面が崩れていて、崩落危険とロープが張ってある。問題なく通過出来るのだが、崩落部分が道に迫ってきている。風が強い時などは気をつけたい場所だ。

  茶臼山までの中間地点を過ぎた辺りで、尾根が木々に覆われている部分がある。近づいていくと、木々と大岩と急斜面で歩きづらい場所となる。一カ所では、もし自転車を押し上げるとしたらかなり大変と思われる場所もあった。Pugsley だと進める自信、というか腕力が無いw。このルートは過去に来た事があるのだが、久々なので全く忘れている。達成感や景色が良かったという楽しい記憶は残っているのだが、大変さは時間と共に薄れていく。山登りに限らず、人の記憶とはそういうものかもしれない。

  ・自転車には全く向かない道だ
  1305chau_08


  この難関を越えると、再び開けて歩きやすい道になる。この後、次第に急な部分も現れ始める。東側の斜面は笹に覆われていて、遠目には緑の草原のようだ。西側からは木々が迫ってきて、尾根で終わっている。この極端な植生は、強い風などの気候によるものか、それとも植林によるの物なのか。


  ・振り返ると、登ってきた尾根が見渡せる。奥には三峰山
  1305chau_07


  ・防風林のようだ
  1305chau_06


  この後、階段状になった急な部分を越えて頂上に到着。標高2006m。頂上からは、八ヶ岳方面がよく見える。ここからは、三城方面へ下る道があり、次回にでも試してみたい。もう一方は、美ヶ原へと、牧場の中を進んでいく道だ。


  ・美し方面へ続く道
  1305chau_03

 
  ・慣れ親しんだ風景
  1305chau_01


  結局この日は、5時間超のライド&山歩きとなった。すぐに帰ってくると言ったのに。。 まあしかし、帰宅後、残る力を振り絞って頑張らせて頂きましたw。
  以上、簡単ではありますが、GW2013はこれにてお仕舞い。

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる