FC2ブログ

三つの苦労とは

2017-1-22

  今週末は自転車で出かける事もせず、家でおとなしくしていました。割と自由な時間はあったのですが。
  それは風邪をひいてしまったから。風邪といっても、身近でインフル学級閉鎖があったり、怪しい咳をしている人に囲まれていた先週、もらってしまったのでしょう。インフルは風邪ではないと突っ込まれそうですが、程度差で同じような物だと思っています。

  病院でインフル診断出た場合は、登校には治癒の書類が必要など色々と厳しいようです。ですが、簡易検査の判定確度は高くないし、罹患しても免疫次第で熱も上がらず重くなく、普通に活動している様子も見られます。分っていても感染を防ぐのは難しい。もらいたくないけれど、天下の回り物。出来るだけをやるしかない。

  風邪で思い出したのが、三苦労、もとい三九郎です。どんど焼きです。三角に組んだ木に松や藁などを詰め、正月の松飾りやダルマなどを飾り付けて、炎高く燃やします。炎と共にお正月の神様をお送りするという事だそうです。この三九郎の火で焼いた繭玉だんごを食べるとその年は病気にかからないと言われます。


  1701_sankurou_01


  田んぼや河川敷に立てた大小二つの三九郎に火を付けると、心配になるくらい勢い良く燃え上がるんですよね。ですので、必ず消防団が付いてやっています。
  そして、ひとしきり燃えた後、おきを集めてそこで柳の枝に付けたお餅(繭玉だんご)を焼きます。おきになっていてもかなり熱いのです。こりゃ熱いわ!と言いながら、他の人と絡まるお餅の枝を火に近づけてあぶってみたり、焦げすぎをもらって食べたりしていると身体が温まってポカポカしてくる。確かに風邪ひかなくなるかも、と思ったりもする。


  1701_sankurou_02


  三九郎の名前の由来を調べてみると、神主さんの名前という説があった。それより興味深いのは三つの苦労、すなわち病、災害、重税を追い払う祭りであり、藩による取り締まりを避けるために分らないように三九郎としていた、というのである。昔も今も同じなのだなあと。


  ・普通は米粉のだんご。他にマシュマロやウインナーが炙られて良い香りがしてくることもある
  1701_sankurou_03


  皆から集めた税金を、世の中全体が良くなるように使うのであれば、まだ払った甲斐があるというものだ。しかし、外遊先の国に何兆円も気前よくばらまく一方で、社会福祉縮小、年金縮小、防衛装備という名の兵器を法外に高い値段でアメリカから買う、そんな事をしていては日本に将来は無い。今国会で共謀罪をも強行採決するようであれば、ほとんど前前前時代(明治)に逆戻り。明治の頃とのちがいは、オリバー・ストーン監督が指摘するように、日本は主権を放棄してるってことだな。次の衆院選は今まで以上に本当に重要なんだよね。

  そんな事を考える週末であります。

  つづく



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる