FC2ブログ

いのちを繋ぐ

2017-5-22

  昨年の秋、家の周りにいるアゲハの幼虫の一匹が、庭に置いてあったダンボール箱の中でさなぎになった。そこは、フタの隙間から差し込む僅かな光のみの暗い空間。

  まだ寒さが厳しくなる前だったので、羽化するだろうと、さなぎの部分だけダンボールを切り取って自転車置き場の近くに固定しておいた。しかし、羽化する事は無かった。もうダメになってしまったのだろうかと半分諦めていた。
  冬の寒さの中、強風で何度か落ちて糸が切れたりしていたが、まだ生きているに違いないと、糸の代用品でさなぎを固定して見守っていた。

  冬が過ぎて春が訪れた。5月に入って間もないある日、さなぎが色黒に変化しているような気がして、じっと見る。

  その数日後、ちょうど週末の朝のこと。それまで全く失念していたのだが、食事をしている時にふと、羽化するのは朝のこんな時間だよね、と考えが頭をよぎった。すぐに自転車置き場へ行ってみると、さなぎはもぬけのから。周囲を見回しても姿は見えない。まさか?と足の下をみても大丈夫だったw。それならばと、自転車スタンドの下を覗いてみると、そこに居た。高さ数センチのスタンドの足に上ろうとほこりにまみれて悪戦苦闘していたのだ。羽まだ小さく、さなぎから出てきたばかりのようだ。急いで救出して、庭の鉢植えミカンの木に移動させた。


  1705_ageha_01

  1705_ageha_03

  1705_ageha_04


  時々やってくるすずめ達に気を付けながら、1,2時間も経つと羽がすっかり伸びてきた。羽を動かす練習を見たのが最後で、後で気が付いた時には姿は無く、家族に聞けば飛んでいってしまったとの事だった。

  もちろん、自分が手を出さなくても、このアゲハは自力で生き延びていたと思う。でも、ちょっとだけ手助け出来たつもりで、少し嬉しい気分になれた。これはまったく人間の勝手な思い込みであるけれど。


  そしてその後、ナミアゲハやクロアゲハがウチの庭に飛んできているらしい。
   って、山椒にも、ゆずにもこんなに状態に、、 2齢か3齢幼虫になったら山少年にハーブの方に移動してもらおう。でないとあっという間に丸坊主にされてしまう。

  1705_ageha_07


  今年も賑やかになりそうだ。

  と思っていたが、近くで松枯れ対策でネオニコチノイドの農薬空中散布をするのか?あれは昆虫を絶滅させる事で松と松茸を救おうというやり方だ。しかしその効果ははっきりしていない。一方で、人間への健康被害が心配されるものだ。

  収入が減るのは困る。そのために、どこまで人間はやるのだろうか。本当にやらなければならないのだろうか。いつも思うのはその事だ。自分が生き延びる為には、何でもするか。それは許されるのか。どの規模でそれをやるのか。いつまでやるのか。考え方の転換は出来ないのだろうか。他の方法はないのだろうか。


  共謀罪法案が法務委員会で強行採決された。日本の民主主義は消えてなくなりそうだ。
   森友学園、加計学園問題を厳しく追及して究明して、共謀罪を阻止して欲しい。頑張れ野党!!! 民進党、共産党、社民党、自由党は全力を尽くせ!!!


    最後に脱線。。ではまた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる