FC2ブログ

転がる太タイヤ

2017-7-13

   今年の松本平は空梅雨。蒸して暑い日が続いている所為か、早くも夏ばてたかのように身体が重いこの頃です。レースの疲れも抜けていないのかもしれない。雨は降りすぎても降らなくても人間に与える影響は大きい。丁度良く降って欲しいと願うばかりであります。

   さて本ブログでは、ファットバイクの話題も書いています。スピードを求めるのではなく、色々な地形を走ってみたいと考える人にとっては、太タイヤの懐の深さがとても魅力的なのです。
  巷での流行は昨年がピークだったのだろうか、自分が訪れる自転車店では今年は太タイヤの実車が並んでいない。私が乗っている元祖FATBIKEであるSURLYのpugsleyも完成車がラインナップから姿を消した(兄妹車種のWednesdayがあるからだろう)。それでも、愛好者はじわじわと増えていると感じている。


  ・北アルプスは雲の中(夏、秋の次は冬だ)
  1601_snow_04


 
   お題目は毎度お馴染みのタイヤについて。  

  自転車はどのようなタイヤを履くか、そして空気圧によって、走りがかなり違ってくるのは皆様ご存じの通り。ファットバイクであれば、タイヤが太く接地面積が大きいため、その違いがより大きく感じられるため重要だ。

  街乗りメインであれば、スリックタイヤで軽快に走れる。ブロックタイヤとは全然違う!

  街乗り+ちょっとした林道、山道を普通に走るなら、ブロックの低い、転がりの良いタイヤでも十分だ。但し、山道では空気圧を下げるのをお忘れ無く。

  雪道はちょっと事情が異なってくる。
  まあ雪道といっても、圧雪、新雪、氷結と様々あるが、最低限しっかりしたブロックタイヤが必要。氷ならスパイクが欲しい。基本的にグリップが良い=転がりは重めのタイヤとなる。雪道を走る人は楽をしようとは思わないか。もしくは、余りある脚力の持ち主なら、4.8インチ幅のゴツイブロックタイヤでもOKだろう。

  実際にどのタイヤが良いのだろうか? 自分の走る場所に適したタイヤ、そして速く走れる(楽に走れる)タイヤはどれなのか?ファットバイクであればなおさら気になる所だ。色々と試してみれば良いのだが、ファットタイヤは一本の値段が高いので、買ってみて失敗、というのは出来るだけ避けたい。


  。  。  。


  今回は、26インチファットタイヤで、普段の街乗り+山道もこなせる、走りの軽い物はどれか?について。要するに、自分の使い方に合ったタイヤを探してみたって話です。

  ネットで情報を探していた所、こんなHPを発見した。
  正にその名も、 Bicycle Rolling Resistance  http://www.bicyclerollingresistance.com/

  自転車タイヤの転がり抵抗を測定して、数値で紹介してくれている。素晴らしい!
  ロード、MTB、そしてファットタイヤなど数多くの測定がされていて、さらには、耐パンク性、タイヤサイズ、ブロック高さなどの数値もある。実に参考になるサイトです。
  タイヤの価格や部品の購入は、Chain Reaction Cycles(通販サイト) へ!となっている。スポンサー無しではこのようなサイトを運営出来ないかもしれないが、評価にバイアスがかかっていないよね、、と心の片隅で気にする事にした。また、ファットバイクセクションは Wolf Tooth Components によって可能になった、と書かれている。ファットバイク用の部品も製作販売しているメーカーであり、ファットバイクの為に!という気概も感じられる。


  測定方法は、タイヤ一本に、42kgの荷重をかけて、時速29km/hで回すのに必要なワット数を測定しているとの事。

  測定されているタイヤの種類としては、ファット用ブロックタイヤの軽い部類のタイヤとなっている。例えば強力なグリップのNateやMINION。その反対のスリックタイヤの値にも興味はあるのだが、それらは対象外だ。

  測定データはこちらのリンク先で見て頂くとして、概要は、
   ・空気圧が高いほど、転がり抵抗は低い(当たり前ですが)
   ・タイヤによる違いが割と大きい。パターンの見た目と異なる印象


  ざっくり見てみると、軽いタイヤと重いタイヤで15ワットくらい違う。これは、前後両輪で、30ワット分にもなる!例えば、平地を時速30kmで実際に走行するときには何ワット必要だろうか(分からない、、)仮に250ワットくらいとすれば、30ワットも節約できれば、1割以上であり、これは大違いだ。

   以下、個別の感想を。
  ・ラリー120tpiは軽い走りを知っているので、思った通りのイメージ。ラリー27tpiとの違いも明らかのようで、実感と合っている。
  ・マンモスは0.8気圧~での軽さは使った感触と合っている。しかし、0.6気圧でいきなり測定数値は大きくなっている。何故だろうか。トレッドゴムが厚いためかもしれない。

  ・へえーと思ったのは、45NRTHのHuskerDuがあまり上位でなく、Larry120tpiの次に来る事だ。そしてVanhelgaがHuskerDuとあまり変らないというのは驚きだ。あのごついブロックでHuskerDuと同じ???
  ・HuskerDuによく似たFAT-B Nimbleはそれほど軽くなく、やはり似たようなジャガーノートPro(重量は軽い)が測定された中で最も重い。そして、サイピングの入った柔らかそうなスモールブロックのBomboloniはやや重い部類になる。

  ・そして最もワット数の少ないのは、シュワルベのジャンボジムだ。
   ブロックは低めだが、しっかりしていそうだ。どうして群を抜いて軽いのか? シュワルベのMTBタイヤを触った事はある(使った事が無いw)。ゴム質が固い感じなのだ。そのため転がるのだろうか、一方で、濡れた岩や舗装路などウエットでのグリップが気になるかもしれない。


  1707_jumbox



  いかに速く、もしくは楽に、いや遠くまで走りたいと考えている自転車乗りにとって興味深いデータを見ることが出来た。
  しかし、忘れてはならないのは、タイヤに要求されるのは転がりの軽さだけではなく、ダート、コーナーでのグリップや、ウエット状態でのグリップ、耐カット性などなど、多岐にわたる。良し悪しは総合的に判断されるべきとも思う。

  とはいえ、転がり抵抗は舗装路やフラットダートでの漕ぎの軽さに直結する、、どうしても気になってしまうw


  ・おや?これは、、w
  1707_jumbojim


  私が衝動買いをした時は、失敗となる事が多い。
 
    今回も失敗となるのか否か?

       乞うご期待!
 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる