FC2ブログ

里山散歩

2018-4-10

   先週くらいから一気に暖かくなりました。
  春の花々が一斉に咲き始め、つぼみだったはずの桜があっという間に満開になり、散り始めています。
  唐突に暖かくなったために、家人に聞けば梅、モモ、コブシ、ユキヤナギ、レンギョウ、ライラック、ハナミズキまでも一緒に咲いている、そんな春であります。

  そして先週末は一転、とても寒かった。朝から雪が舞い、冷たい風が吹き、日中も一桁の気温。
  出かけた途中の標高1000mの峠では3℃程度だった。大町、白馬方面へ出かけた自転車部長は、雪と寒さで大変な目にあったらしい。お疲れ様でした。
  でも、空気はシャッキリと澄んでいてとても気持ちが良い。花粉も少ない感じです。

  今回は、暖かだった先週、近くの山を探検してきた時の写真です。


    。  。  。


  日曜日、山少年がどうにもヒマそうにしている。何かやる事はないのかと問えば、山に行こうとのたもうた。
  私としては、こんな天気の良くて暖かな春の日には、、花粉が飛びまくっているから家でギターの練習をしようと思っていたのだ。うむむ、、考えることしばし、プクッと泡が浮かんできた。じゃあ行ってみようか。

  昼食後、山のリュックを背負って自転車に乗って出発だ。
  そこは、昔からの山道があったと思われるるが、今ひとつはっきりしない場所。過去に訪れた時には、道が途中で分からなくなり、撤退したルートだ。今回はGPSの力を借りて、もう少し奥まで歩いてみようという考えだ。

  青空のもと、車の少ない裏道、田圃道をのんびり走っていくと、そこかしこに桜の花が咲いていて、それまでとの違いが不思議なくらい。葡萄畑でも農作業中の方とご挨拶。葡萄畑の間の作業道は、15-20%の急傾斜。春のなまった身体に良い刺激となり、汗ばんでくる。

  山麓の道を快適に走り、ふと後ろを振り返ると、白い空気に覆われた松本平が見えた。畑の煙や水蒸気ではない、何かが空中を浮遊しているのだ。花粉なのかPM2.5なのか光化学スモッグなのか、、これでは鼻水も止まらないのも仕方がない。


  1804

  1804

  1804


  さて、1時間ほど走った後、山道の入口に自転車を停めて歩き始める。
  道が消えていないか心配されたが、倒木の処理がされている様子からその心配は無いようだった。っと、クマのフンらしき物を発見。二人でクマ鈴を出して鳴らしながら歩く。

  30分ほどで、前回引き返した場所に到着。尾根ではあるが、木々が多くて歩きにくい。しかし、やや溝のような、道のような地形は先へと続いているため、それを辿って先へいってみる事にした。 
  その先、さらに急斜面が現れた所で、右に巻く道が明瞭にあるではないですか! これは進むしかない。

  そこからは歩きやすいはっきりとした道となり、迷う心配は無くなった。
  木々の間から見える空はだんだんと白くなり、日も傾き始めていた。ふと、道の先の方を、走り去っていく黒い動物の後ろ姿が見えた。大きさからイノシシか、まさか小熊じゃないよね、、、 道が掘り返されたりしていたため、イノシシだろうという事で、ヤッホーなどと大声を出しながら先へと進む。
  と今度は、場違いな笛の音のような ピーーー という、鳥の鳴き声?が上の方から聞こえた。背筋がゾッとして、、山少年を見ると、両手で耳を塞いでいたw。 いや、あれは鳥だよね、絶対に鳥だよね、と言いながらまだ先へと歩く。 再び ピーー と聞こえたけど、気にしない気にしない。

  最初の分かりにくい尾根道の先にこれほど良い道があるのが不思議だった。しかし、その先の開けた場所には人の作業の跡があったので、そういう事なのだろう。標高約1300m、ここで時間切れと判断した。もうひと登りすれば、知っている山道に合流しそうだったので進みたかったけれど、無理は禁物だ。


  1804

  1804


  帰路は来た道をピストン。
  所々で心配な場合はGPSで確認しながら、やや急いで歩く。尾根を下っていく場合には違う尾根に迷い込みやすいので注意が必要。今回、少し迷いかけたりもしたが、すぐに修正出来た。GPSがあると一層安心です。予備の電池も忘れずに。
 
  そうして無事に下りおえる事が出来た。今度は自転車上の人となり、山麓の道を快適に下っていくのであります。


  ・向こう側の山並みが全く見えなくなっている。一体、これの正体は何?
  1804


  さて、元気に身体を動かしている時は全く気にならなくても、帰宅後は鼻がまったく通らなくなった。反動が大きい。かといって、マスクをすれば、グラスが曇ったり息苦しかったりで具合が宜しくないです。

  運動が好きな花粉症の皆さんはどうしているんでしょうか?出来るだけ薬は使いたくないので、ちょうど良いマスクを探すしかなさそうです。

 
    ではまたの介。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる