FC2ブログ

リヤホイールの外し方 SURLYのトラックエンド

2018-8-23

   SURLYのファットバイクPugsleyに乗り始めて、6年半が経過。
  この間、ファットバイクの流行は過ぎ去ってしまったのか? ウチでは冬季はもちろんの事、普段の足に、そして山散歩にと活躍が続いている。

  すっかり乗り慣れてしまったこの自転車、特に困るような所は無い。ポジションも決まり、壊れない限り特に変更するパーツも無く、タイヤを換えるくらいだ。
  が、欲を言えば車重がもう少し軽ければ、、というのはある。現在15.5kg。車重は乗っているときはあまり気にならないけれど、担いだり、押し上げたりするときに効いてくるんだよね。


  pugsley


   そう、タイヤ交換で思い出すことがある。
  タイヤ交換をするためには、ホイルを外さねばならない。前輪は簡単な一方で、後輪を外すのはちょいとやっかいなのだ。

  その理由は、 トラックエンド という事に尽きる。
    ※&リヤディレーラ使用、ディスクブレーキのローター有りの場合。

  MTBでよくあるストレートドロップエンドの場合、クイックを緩めればホイルは下方に外れてくれるので簡単だ。 (もしくはスルーアクスルを抜いてやはり下に外すって所か。ウチに無いけど)

  ところが、トラックエンドの場合は、一旦後方に外してから、エンドの下を通過してプーリーから外すような形で、ホイルを抜かなければならない。
  上手く行かずにはまってしまうと、二進も三進もいかなくなってプチ(petit)切れて、チェーン切ってしまおうか!とかw
  トラックエンドの利点としては、ファットバイクの場合、後輪位置をずらしてさらに太め、直径大きめのタイヤを入れられる、などあるだろうか。


  さて、上記のリヤホイルを外す作業は、こつを掴めば苦労せずに外せると気付いたのは、ここ1年くらいだったか(osoi)。今回はそれを記してみます。

  SURLY Pugsly トラックエンドフレーム(2012年)
  リヤディレーラ有り、ディスクローター有り
  リヤハブは135mmクイックレリース、9速   の場合の説明となります。

  ・図1
  01_DSCN4486_a.jpg


  <リヤホイルを外す>
 1)準備
  ・まずはチェーンとスプロケをきれいにしておこう。
  私は、チェーンは油ぎっていた方が、雨の中を走ったりしても錆びにくくて良いと思っているので、注油の後始末は割と適当で、あまりきれいに拭き取らないようにしている(バッシュガードも付いているのでズボン裾も汚れにくい)
  でもこの作業の時は、余分な油は拭き取っておいた方が良いだろう。軍手だけならまだしも衣服や周囲を汚さない為に。

  ・ギヤ位置はインナーローにしておく。チェーンテンションは低めの方がやりやすい
   (インナーのさらに内側に外しても良いけど、フレームにキズがついてしまう)
  ・前輪は先に外しておく。

  2)リヤのクイックレリースのシャフトは外す
   これがあると、リヤディレーラハンガー部を通過出来ないので

  3)いよいよリヤホイルを外します
  ・左手でフレームを持ち上げて、右手でホイルを後方にずらし(スポークを鷲掴みして)
  ・車軸をエンドの下、RD固定ボルトの辺りまで近づける (図2)

  ・図2   軍手に苦労の跡が、、
  02_DSCN4489_a.jpg


  ・ここから、後輪を前方へ持っていきたいが、ディレーラハンガーと上のプーリーにぶつかって出来ない。そこで、
  ・後輪は地面で保持、左手はフレームを持った状態、右手で下のプーリーを下方向に引っ張る(図3のオレンジ色矢印)。
  すると、上プーリーとエンドの間の隙間が広がり、トップギヤにチェーンがかかった状態で後輪を前方に抜け出させることが出来る(図4)。この辺、手が3つ欲しい。

  この辺で、思うように後輪を後方に動かせないぞ!?となるかもしれない。というか私はそうなる。これは、チェーンが後方に引かれて、クランクが後ろ回りしようとするが、ペダルが地面にぶつかってクランクが回らない(ホイルも後ろに動かせない)という状態になっている事が多い。この場合、自転車を持ち上げてクランクを後ろ回ししてやれば良い。

  ・図3
  03_Clipboard03.jpg
  ・図4  抜けた!
  04_DSCN4492_a.jpg


  <リヤホイルをはめる>
  外す時の逆を行えば良い。
  トップギヤにチェーンをかけて、図5の位置にもってくる。
  下のプーリーを下方向に引っ張りすきまを作り、軸をエンドの後方に持ってこれたら、後はエンドにはめるだけ。
  ・図5
  DSCN4493_a.jpg
  

  以上の手順で割と上手くいくようになった。
  落ち着いて作業すれば、概ね大丈夫だろう。皆様のお役に立てればこれ幸いであります。


  pugsley


     ではまた。

       ん? もっと簡単な方法あり?w



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる