FC2ブログ

予想出来ない

2018-9-6

  台風21号、強烈でした。 
  接近の9月4日はいつも通りに仕事をしていた。昼過ぎからいきなり雨が強く降り出したり、少し止んだりしていた。夕方になるとさらに雨と風が強まり、ゴウゴウという風の音に脅かされる。
  仕事の関係で大阪方面に電話をすると、今日は自宅待機で出社していないとの事で、そんなに凄いのか?
  さすがにこんな日は5時過ぎには帰ろうということになった。雨はカッパを着れば良いのだが、風は防ぎようがない。しかし走り始めは、風の強さは大したこと無いんじゃない?と感じたのだ。 

  先を急いでいると、歩道を傘を差して歩く人が前方に見えた。傘はつぶれてずぶ濡れの様子で、横を通過するのも危ないので車道に出で、急いで走って、その先で再び歩道に戻ろうと考えた。

  そうして走っていた時、左側、背の高い建物が途切れた途端に、田圃を吹き抜けてくる強い風に煽られた!
  あっと思った瞬間に1mくらい横に移動していて、大焦り。足を止めてひたすら横風に耐える体勢。再び建物の影に入ると風は収まった。もし歩道を走っていたら、横に押された時に、縁石にぶつかって転んでいただろう。(歩道と車道の間に凸がある)
その後はゆっくりと、横風の有るところは斜めになりながら走ってなんとか帰宅できた。風速30mと聞いた。
  帰宅後、庭の木が倒れそうになっている物があったため、暴風雨の中、支柱をガムテープを使って固定、これで結構濡れたが、木はなんとか持ちこたえた。ガムテープ、なかなか強い。

  翌日はけろりと晴れて むし暑い。
  しかし、田圃や畑、りんごやぶどうは大丈夫だったろうか? 林道や山道では倒木が相当ありそうだと心配される。
  その日、ニュースなどで関西での被害の大きさが分かってくるにつれ、本当に凄い台風だったのだと、そして被害を受けた方々の復旧を願っております。

    。  。  。

   その翌日の今朝、仕事場に着くと、大丈夫?と聞かれて何のことだか分からなかったが、北海道で大地震だって!?
  胆振のあの辺で震度7なんて、考えもしなかった。札幌で震度5強、液状化? 北海道全体が停電? にわかに信じられないような話です。余震、雨による影響が心配されます。北海道の皆様の安全確保、そして必要な支援が届くようお願いいたします。
  
  そして、泊原発は外部電源喪失!!! 再稼働していなくて本当に良かった。
  しかし、使用済み核燃料を冷やし続けるためには電源が必要で、そのための非常用ディーゼルエンジンが無事正常に動いていて、7日間は賄えるそうです。それでも、外部電源が1週間で復旧しなかったら、、と考えると非常に心配されます。
  その場合、ガスタービン電源車が最後の頼りという事ですか?絶対確実に、電源が途切れる事態にならないようにしなければなりません。


   本当に自然災害はいつどこで起きるか予想が付かない。
  起きた時に出来るだけ被害を小さくできるように備えるしかない。自然の力の前には、人間は本当に小さなものだと考えさせられる日々です。

  そして、東日本大震災、福島原発メルトダウンの事を、再び強く意識するようになりました。忘れてはならないことだと。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる