FC2ブログ

食べられません

2018-10-14

   今年の夏の異常な暑さ、そして降れば台風、を考えると意外な感じですが、山のキノコは豊作だそうです。きのこ好きな人には嬉しい事でしょうか。でも毒キノコを間違って食べてしまわないように鑑別には神経を使うのだろうとも思います。


  kinoko


  さて先日、久々に山を歩いてきました。松本平から離れた場所まで遠征する事も時々あって、さすがに全行程を自転車ではこなせないので、車で移動です。
  1時間ほど走って、神社横の駐車場に到着。そこで自転車を下ろして、準備を始める。登山口までのアプローチは自転車です。

  ここでトラブル発覚!
  山少年の自転車のリヤ変速がおかしいという。見てみれば、なんとRD部分の変速アウターホースが崩壊!かなり以前に某通販でメートルいくらで買ったもので、外側の樹脂が紫外線等で劣化した事が原因のようだ。何年経っていただろうか、、しかしシマノ製はもちろん、他メーカーでもこのような経験は無かった。安かろう悪かろうの典型、自業自得。ただ、最後のトドメを刺したのは、数日前に自転車が倒されてハンドルがぐるりと回った時と思われた。

  結局、RDはまともに動かず、リヤのギヤは真ん中辺りまでしか使えない。だが乗れない訳ではないので、行けるところまで言ってみる事にした。ダメなら戻ってくればよい。

  最初は、大きめの砂利が敷いてある道を走る。一定斜度の緩い上りでもあり、砂利にハンドルを取られたりして走りにくい。タイヤカットでバーストしないか気にしながらゆっくりと進む。時折現れる古いトンネルが道の歴史を伝えている。

  1時間ほど走った後、砂利道の終点で昼時となってしまった。持参のおにぎりで昼食とする。
  そこから谷を走る国道に出て走り続ける。目的地への看板を見つけて、国道から外れてさらに山の中へ入る。ここは斜度もあるコンクリ敷きの道だ。台風の影響か落ち枝も多い。山少年は軽いギヤが使えないおかげで、押して歩くしかない。自分も一緒に押し歩く。


  kinoko


  林道を歩いて歩いて、、1時間くらい。ようやく山道の入口に到着。自転車はここに停める。
  初めての場所なので、案内の看板があって助かるね、、って風化して読めない。まあ地図とGPSがあるので大丈夫。それに宮坂先生の本も持ってきている。
  さて歩き始めると、尾根を行く道は、緩いアップダウンで歩きやすい。最初の分岐で、山城の看板が横に外れている。まずは登ってみるも、急斜面の道は、はっきりとせずすぐに分からなくなってしまったため、戻る事とした。

  さらに奥へ歩くと、道端からすぐキノコの姿が見えます。確かに多いかな。

    でも、、


  doku-kinoko
  kinoko
  doku-kinoko


     うつくしやあら美しや毒きのこ   一茶


  kinoko


  キノコは全然分かりませんので、全て怪しく見えます。美しいというよりは怖い感じですね。

  さて、山城には反対側の尾根から登る道がはっきりしていて、主郭その他の曲輪を歩けました。その後、尾根をあちらとこちらを歩いているうちに、日も傾き始めたので撤収となりました。
  この場所一帯は山城でもあり、また過去からの道が山の中に通じているようで興味深い場所です。また探検にきてみたいところです。


  上の俳句は、信濃毎日新聞一面コラムの「斜面」に載っていたものから拝借。
  
   このコラム、実に的確な事を書いてあるので、面白いのです。


    ではまた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tak

Author:tak
ようこそ!
長野県でMTBに乗っているtakが徒然なるままに書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
勝手にリンク! (順適当)
オドメーター(km)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる